スポンサーサイト

     -------- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

送った桃、その後

     2016-07-23 : 食べ物
 毎年勝沼のカリカリ桃を親戚に送っている。

 釈迦堂東口園だ買っている桃は十分甘く桃の香りもよいのだが、歯ざわりはカリカリしていてとても美味しい。皮をむかずに、洗っただけで食べたりしていた。

 今年も7月6日に現地まで行き、配送を頼んだ。

 7月23日に相次いでお礼の連絡が来た。配送は一日くらいだろうから21日くらいに出荷したのだろうか。大分時間がかかったようだ。

 時間がかかってもカリカリと美味しければ問題ないのだが、今年の桃には問題があったようだ。

 今年も2箇所に送ったのだが、一箇所は美味しかったけれどカリカリではなかったと言う。もう一箇所は悲惨だ。一個は外見から腐っていて、もう一個は内部が腐っていたと写真まで送られてきた。

16momo02.jpg


 有名になりすぎて供給が追いつかないのだろう。わざわざ来てくれた客を断るわけにもいかず、だますつもりはないのだろうが結局は無い袖は振れないということだろう。

 客側としても供給に苦しんでいるところにばかり押しかけるのは迷惑なことをしていることになる。生産者は大勢いるのだからこちらも時間をかけて探していくことが必要になる。でも来年は面倒なことになるなあ、、、、
スポンサーサイト

勝沼の桃

     2016-07-06 : 食べ物
今年もももの季節である。

 早起きして甲府南の風土記の丘に駆けつけた。ハネ桃が狙いだ。規格外の桃を安く買えるので昔からよく買っている。生食できるもももあればコンポート向きのももも入っていて玉石混交。

16momo01.jpg

ハネ桃を2箱を手に入れたあと、送付用の桃を購入するために勝沼に戻った。例年釈迦堂東口園から送ってもらっているので今年もお邪魔した。

 店に到着すると試食の桃を出されたのだが、今年の桃は少々渋みが有る。それでも今までの実績を買い、知人宅への配送を依頼した。自宅用には3個入りのかごを購入した。ハネ桃の一箱分と同じ値段だがきっと美味しいだろう。

 自宅に帰って高い方の桃から食べ始めたがやはり渋みが有る。ハネ桃のほうが美味しいものも有るから自分の味覚が老化しただけのせいではなさそうだ。

 釈迦堂東口園の桃はカリカリ桃として宣伝し評判になったようで、大勢の客が押しかけている。いったい供給は大丈夫なのだろうかと思っていたから、うなずける話では有る。

山椒の実の収穫

     2016-05-17 : 食べ物
今年は山椒の実が豊作だ。

 2014年は5月28日。少々収穫が遅れ種が黒くなってしまっていたが760g。昨年は5月22日で種が黒くなる前の未成熟の状態で収穫し、310g。

 今年は天気が良かったからか成熟が早く、一本の山椒の木はもう種が黒くなり始めていた。これはいけないとお手伝いさんと一緒に日陰の一番大きい木の収穫をした。

16sansyo01.jpg


 種はまだ白く柔らかい。量は846gだが、まだ沢山木に残っている。全部取れば1kg位になりそう。大豊作だ。

春の嵐

     2016-04-20 : 食べ物
春がきた。

 うららかな春を楽しんでいたら、ものすごい風と激しい雨。

 今年の梅は満開だったが、例年より早く咲いたためか結実したのは少なめ。頑張って大きくなれよと思っていたら春の嵐だ。庭には小さな梅が散乱している。拾ってその数を数えてみると220個。

16toma03.jpg


 大きくなると一個40グラムを超えるから、10キロ分くらい落ちたことになる。ちょっと残念。

 春を満喫しているのはトマトの麗夏。身の丈25センチになり、

16tomato01.jpg


 花芽もつけた。

16toma02.jpg


 頑張ってもらおう。

甘夏ピールのチョコレートコーテイング

     2016-03-03 : 食べ物
 毎年甘夏を収穫すると実を食べたあとの皮を砂糖で煮てピールにする。

16cyoko01.jpg


 これにチョコレートをコーテイングすることが多いのだが、温度管理がうまくいかないからか、表面の光沢がなかったりする。

 色々試したが、解決版はこれだ。電気釜の保温機能。

16cyoko02.jpg


 低めの保温機能を使うとチョコレートはちょうど31度位に保つことができる。これでコーテイング。

16cyoko03.jpg


 ナイスだ。


kuma80.jpg
トップページに移動

レモンの収穫

     2016-01-07 : 食べ物
苗木から植えて8年目のレモン。

16lemon02.jpg


  大豊作、量もたくさん、大きいもので250gもあるから立派なものだ。

16lemon01.jpg


 が、こいつらをどうするか。最近、塩レモンが流行っていると聞き漬けてみている。去年つけた塩レモンもいい具合に発酵しているようだ。

16lemon05.jpg


 が、あまり美味しいと思わない。作り方がまずいのかと思い市販の塩レモンを買ってきたが、同じような味。煮物にも、サラダにかけても違和感がある。

 そこで今年はレモンの砂糖漬け。

16lemon03.jpg


 おいしくなりますように。

 2016/01/18追記

 10日後にはかなり液体が出てきた。

16lemon04.jpg


 紅茶に入れて飲んでみるとしよう。

16lemon06.jpg


 うむ、、、、、これからは柚子と甘夏を大事に育てていくことにしょう。

今年のトマト

     2015-06-26 : 食べ物
 4月17日、丸沼スキー場からの帰り、尾瀬市場で買ったのがトマトの苗。

15tomato01.jpg


 桃太郎という品種で大粒の実がなるはずの苗だ。

 しっかり花もついた。

15tomato02.jpg


 実もだんだん大きくなってきた。

15tomato07.jpg


 色がついてきたが、なにか様子がおかしい。

15tomato03.jpg


 中を切ってみると腐っている。一体どうしたのだ。

15tomato04.jpg


 これが2個めのトマト。

15tomato05.jpg


 200g近くあるから十分成長してくれたようだが、残念ながらやはり傷がある。

 恐る恐る切ってみたら中は綺麗。

15tomato06.jpg


 サンドイッチにして美味しくいただきました。


kuma80.jpg
トップページに移動

キャラブキ

     2015-06-20 : 食べ物
 今年も尾瀬戸倉スキー場に出かけフキを6kgほど採ってきた。

 長くて立派なフキ。この写真で3kg位。

15fuki11.jpg

 1kgとちょっとをご近所にお分けしてあとはキャラブキにした。

 今年は2種類のやり方で作った。

 Lot2

 材料

 フキ : 500g
 醤油 : 150cc
 砂糖 : 50g
 酒  : 100cc

 作り方

 1)ナイロンたわしでフキの表面の毛をとる。
 2)5.5cmくらいの長さに切る。
 3)2リットルの湯に20gの塩を入れ沸騰させ、フキを投入。10分煮る。

15fuki12.jpg

 4)水にとって、1時間アク抜きをする。
 5)材料をすべて鍋に入れ、弱火で1時間煮る。時々鍋を振って混ぜ合わせること。
 6)翌日弱火で煮詰めていく。

 出来上がりで300gのキャラブキができた。

 Lot3

 材料

 フキ : 500g
 醤油 : 140cc
 みりん: 80cc

 作り方は上記と同じ。味は当然のことながら違う。Lot2は甘めで、口当たりが良い。Lot3は甘みを抑えた味。どちらも好きだ。

 それではLot1はどうなったのかといえば、フキにひたひたの水を入れ、それに調味料を加えるというレシピで、今回採ってきた柔らか目のフキには水分量が多すぎ、ふにゃふにゃになってしまい、保存性も悪そうだったので失敗作ということになったのだ。

山菜採り8年目にしてやっとのことでキャラブキのレシピが固まってきたようだ。


kuma80.jpg
トップページに移動


梅ジャム

     2015-06-17 : 食べ物
 今の時期、梅がどんどん落果する。

 落下するとすぐに痛み出すし、いつ落ちたのかもわからないので去年まではコンポストの餌食、ゴミになっていた。

 ところが今年、テレビで落果梅を紹介しているのを見た。

 なに、落果梅って価値があるわけ??? 

 ということで今年は梅の木の下にブルーシートを張り、気がつくたびに採り入れた。

 比較的しっかりしている実は梅干しとらっきょう酢漬けにし、軟らかすぎるものと傷のあるものを梅ジャムにした。

 材料

 梅 : 1.6kg
 砂糖 : 450g

 作り方
 1) 梅を10分煮る。

15ume30.jpg

 2) 水に1時間さらす。
 3) 種を取る。 こんな粗い網で出来た網杓子があると便利。

15ume31.jpg

 4) およそ900gの果肉がとれたので、半分の砂糖450gを3回に分け投入、煮込んでいく。常にかき回していないと焦げる程度の弱中火で30分煮れば出来上がり。

15ume32.jpg


 砂糖が少ないので酸味が際立つが、これが好み。気になるようであれば砂糖を増やせば良いと思う。

 こんなわけで今年の梅シーズンは終わった。収穫量は以下のとおり。

 小小梅 750g これは非常に少ない
小梅  11.5kg 豊作
 南高梅 50kg 内10kgはコンポスト。豊作
 普通梅 7.8kg これも非常に少ない。

 小小梅と普通梅の木の状態が良くない。新しい枝に変えていかなくてはならないのだが、素人にはなかなか難しい作業だ。

 kuma80.jpg
トップページに移動


完熟梅

     2015-06-16 : 食べ物
 NHKのテレビを見ていたら紀州の方で完熟梅を梅干しにしている場面があった。

 地面に網をひいて、落ちてきた梅を拾うのだという。この完熟梅の梅干しが旨いらしい。

 最近、高所作業が億劫になってきたので、棚からぼたもちのようなありがたい情報だ。

 早速手近にあったブルーシートを張ってみると、3時間で20個以上落ちてくる。これは楽ちんだ。その上美味しい梅干しができるのならいうことはない。

15ume20.jpg


 一晩で4kgほど落ちていたので、傷のない3キロを梅干しにした。完熟なのでカビを心配し、塩分は15%と普段より多めにした。

15ume21.jpg


 結局今年は全部で12kgも梅干しを作ってしまった。10年前の梅干しがまだ残っているのが実情。一生かかっても食べきれない量だ。さてどうしたものか、、、

kuma80.jpg
トップページに移動

プロフィール

kumasan114

Author:kumasan114

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。