スポンサーサイト

     -------- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ばななをつまみにビールでも

     2009-08-17 : 外出、旅行
 居酒屋にワインを持ち込み内緒で飲んでいたら店員に見つかり注意された、というよしもとばななのエッセーが話題になっている。

 目立たないようにそっと飲んでいたのに「こういうことをしてもらったら困る、ここはお店である」と言われてしまったらしい。こんな不愉快な店には二度と行かない。幅広い人脈を持つよしもとばななも、その友人たちも行かなくなるから店にとっては大損だろうと言う趣旨のエッセーだ。

 これがインターネット上で話題になっている。賛否両論喧々囂々侃々諤々である。

 あまりなじみの無い漢字を並べて煙にまこうとしているのかもしれないが自分の意見はどうなのかと問われるかもしれない。しかし私はこういうことに対し自分の意見を声高に主張することは下品だと思っている。その代わりとして最近経験したひとつのエピソードを紹介する。

 このところ毎年8月に横浜ベイクルーズに出かける。毎年阪神タイガースと最下位を争っている横浜ベイスターズのことではない。もと関西汽船の客船だったロイヤルウイングによるクルーズのこと、大型船なので揺れることも無く快適な時間を過ごすことが出来る。

 夕方5時10分に出港する回はディナークルーズと呼ばれていて、キャビンで中華料理を食べながら夕暮れの横浜を海から眺めることになる。

 もちろん食事なしで乗船のみというのも可能で、天気がよければ実はこれがお勧めなのだ。乗船券には持ち込んだものの飲食はいけないと書いてあるので、船尾にある売店で生ビールを買い、涼しい海風に当たりながらデッキで飲んだくれるわけだ。これが最高。

 飛鳥2の後を追うようにロイヤルウイングは横浜港大桟橋を出港する。

ナイトクルーズの飛鳥2


 ベイブリッジをくぐり、東京湾に出る。

ベイブリッジ

 本牧ふ頭にあるガントリークレーン。

本牧ふ頭

 再びベイブリッジをくぐるころは太陽もだいぶ沈んで、急に空気が冷たくなる。

ベイブリッジ

 風の具合が良くなるとカモメが寄ってくる。一昨年はポテトチップスを持っていったのだが、口に合わなかったようで吐き出していた。そんなわけで今年は乗船前に山下公園にあるローソンでかっぱえびせんを買ってある。

横浜港のカモメ


 東北地方のカモメにはかっぱえびせんが大人気であったが、横浜のカモメの嗜好はわからない。そんなわけでかっぱえびせんの他に冷凍の枝豆、チーズかまぼこ、サキイカ、つまみたら、ジャガリコも買って乗船した。まるでビールのつまみのようなラインナップになってしまったが、さて横浜のカモメはどれが気に入るのだろう、、、


ref:noblesse oblige


日記blogランキングに参加しています。
クリックをよろしくお願いします。
日記@BlogRanking

人気blogランキングにも参加しています。
こちらのクリックもよろしくお願いします。


 
スポンサーサイト

茅ヶ崎花火大会

     2009-08-09 : 外出、旅行
 神奈川県の相模湾沿い、いわゆる湘南海岸を江ノ島から大磯のほうに走っていくと気がつくことがある。

 これは特に数年前までは明らかで、経済的に発展していた藤沢を走っていると道路は2車線だし、街灯は明るく道路を照らしている。ところが茅ヶ崎市に入ったとたんに道路の照明は無くなり、平塚市に入るとまた明るくなる。平塚市と言えば河野一郎の地盤だった。政治的にも、経済的にも立ち遅れた茅ヶ崎市は貧乏なのである。

 そんなわけで経済的発展から取り残された茅ヶ崎市だが長所もある。真っ黒な夜空、星はきれいだし、花火もきれい。それに毎年土曜日と言うのもよい。2009年8月8日、夏の思い出にとに茅ヶ崎海岸まで花火を見出かけた。

 当日は夕方4時ころから、駅から海岸までの道が人で埋まる。多くの人は砂浜の広い茅ヶ崎海水浴場を目指すが、これは間違い。海風に運ばれた花火の煙をもろに浴びることになるし、煙で花火が見えなくなってしまう。500メートル位東に移動するとこれがベストポジション。

 7時半から花火は始まる。

茅ヶ崎花火大会

  江ノ島は5000発だったらしいが、茅ヶ崎は3000発。のんびりと一発一発上げてくれる。花火があまり重ならないので写真を撮るには都合がよい。負け惜しみではない。それに江ノ島の人出は15万人だが、茅ヶ崎は5万人、落ち着いて見ることができるのも良い。

茅ヶ崎花火大会

 使ったカメラは富士フィルムのF31fd。花火モードを使って、露出は3秒。もちろん三脚を使用。

茅ヶ崎花火大会



 特に気に入っている水中花火。昔、二宮で船から発射しているのを見たのが初めてだったが、茅ヶ崎の水中花火もなかなか立派。

茅ヶ崎花火大会水中花火


 今年は変わった花火もあった。

茅ヶ崎花火大会

 これは何だろう。火の鳥フェニックスか。

茅ヶ崎花火大会


 去年は3500発だったらしいが、今年はは3000発。不況のせいだろうが、それでも真っ暗な夜に花火が映える。1時間のショウだが、大満足で帰途についた。



日記blogランキングに参加しています。
クリックをよろしくお願いします。
日記@BlogRanking

人気blogランキングにも参加しています。
こちらのクリックもよろしくお願いします。


プロフィール

kumasan114

Author:kumasan114

カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。