スポンサーサイト

     -------- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画、岳

     2011-06-19 : 映画、舞台
 映画館で見た邦画というとカモメ食堂、フラガールなどあるが非常に少ない。邦画を観に出かけるのは試写会だったり、招待券をもらったりしたときが多いからだ。

 岳もそうだ。今月いっぱいの鑑賞券をもらったので、でかけたのだが、もう関東地方で上映している館は少ない。台場のシネマメディアージュに出かけた。一日一回の上映だからもう客も少ないのだろうと思っていたら、8割以上の入り。驚いた。

 ビッグコミックオリジナルの漫画を原作としたこの映画、山岳救助ボランティアの島崎三歩の物語である。冒頭から山岳事故、救助、生、死のエピソードが続いていく。単調になりかねないこの映画に引き込まれていったのは、島崎三歩の魅力となんと言っても北アルプスの景色。鳥肌が立つような景色だ。

 サイドストーリとして、新しく山岳遭難救助隊に配属された椎名久美と、父親が山岳事故で亡くなったナオタの成長物語がある。島崎三歩、久美、ナオタが組み合わされてこの映画の骨格が出来ている。上手な構成である。

 島崎三歩を小栗旬を演じている。自己陶酔気味の俳優かなと思っていたが、この映画では爽やかで、はまり役。

 映画館の帰り、本屋に立ち寄り「岳」の単行本第一巻を買ってしまったほど気に入った映画だった。

岳

日記blogランキングに参加しています。
クリックをよろしくお願いします。
日記@BlogRanking

こちらのクリックもよろしくお願いします。
blogram投票ボタン
スポンサーサイト
プロフィール

kumasan114

Author:kumasan114

カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。