スポンサーサイト

     -------- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランシスコの二人の息子

     2007-02-27 : 映画、舞台

 「フランシスコの2人の息子」はブラジル音楽界のスーパースター、ゼゼ・ヂ・カマルゴ&ルシアーノの極貧時代から成功までを描いた、ブラジルで歴代興行収入第一位になった、事実に基づいた映画です。

 ブラジル音楽と言えばボサノバを思い浮かべるでしょう。アストラット・ジルベルトならまだしも小野リサとなると子守唄になってしまう。しかしこの映画の彼らの歌はもっと土着なカントリーソングであり、陽気なラテン系の歌が全編に流れています。

 ブラジルの田舎、義理の父から借りた土地で作物を育てているフランシスコ。子供たちにはもっと良い生活をさせたいと、貧困の中でも楽器を買い与えます。しかし、そのために地代を払えなくなった彼らは土地を追い出され、都会へ向かいます。田舎にいたのでは音楽での成功は無いともフランシスコは考えていたのでしょう。

 都会での生活は極貧でこれを助けるため長男のミロズマルと弟のエミヴァルはバスターミナルで歌い始めます。この映画の最大の売りはこの二人の子役です。何しろかわいい。初めてお金を稼いだときの表情の変わりようがこの映画のひとつのハイライトです。

 貧しさからか自信のない目つきをしていた子供だった彼らが、ブラジル各地を巡業しながらしっかりした目をした少年になっていくのが良くわかります。観客は彼らの成長を共に楽しむのです。

 成功をつかむかと思われた彼らでしたが悲劇が訪れます。そして、場面は十数年後に飛び、青年になったミロズマルは挫折を乗り越えて成功をつかみます。

 この映画は題名が「フランシスコの二人の息子」とあるように主人公は父親のフランシスコです。貧しくても将来を見据え、決断を下し、小学校を作らせるなど行動力もあります。ミロズマルの挫折を救ったのも父親の決断力と行動力でした。

 実存のスーパースターの伝記ですから、荒唐無稽ではありませんし、善人しか出てこないようなところがあります。それでも彼らの少年時代のエピソードは十分楽しめます。3月17日からシャンテシネでロードショー開始です。

Photo: http://2sons.gyao.jp/photo/

ブログの人気投票に参加しています。
ぜひ、ここをクリックして投票をお願いします。


人気blogランキングにも参加しています。
こちらのクリックもよろしくお願いします。
人気blogランキングへ


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kumasan114

Author:kumasan114

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。