スポンサーサイト

     -------- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続編とリメーク

     2007-03-03 : エッセー

 SF好きのしょうへい君から「マトリックス・レボリューションズを見に行くのなら、アニマトリックスを見ておくと良くわかりますよ」と言われた。すぐにアマゾンで買い、勉強してから見に出かけたが、残念ながらやっぱりわからなかった。わからないから、あまり面白くない。映画マトリックス・シリーズの話である。

 ハリウッド映画も、一度映画が当たると、その続編が作られることが多い。しかし残念ながら続編のほうが面白かったということは少ない。あるとするとターミネーター2くらいのものか。

 単に面白くないと言うだけではない。オーシャンズ12とかキューティブロンド・ハッピーMAXなど、オリジナルが面白かっただけにその落差にめまいがする。

 最近のハリウッド映画の興行収入は邦画を下回るようになったようだ。ネタ切れでオリジナル作品が作れない。続編やリメークに頼るようになった付けが回ってきたと言うことだろう。続編やリメークはオリジナルの制約があるから面白くなりようが無いと言うのが持論だ。

 しかしこの「ネタ切れ」と言う言葉には懐かしい響きがある。こっちに来るんじゃない、と思っていても忍び寄ってくる「ネタ切れ」。以前に書いた文章の続編やリメークでしのごうという誘惑に駆られるが、オリジナルより良いものができるはずがないと思うのでやらないと決めている、まあ正確には、やらないでおこうと思っているというのが正しい。

 それでは「ネタ切れ」のときどうするかと言うと、「ネタ切れ」をネタにするのが良い。それじゃあ一回しか使えないだろうと思うのは、発想が硬直していると言われかねない。これは無限に応用可能なのだ。「『ネタ切れ』をネタ」をネタにすれば良いのだから。

 ブログ、一丁上がりーっと、、、、、

ブログの人気投票に参加しています。
ぜひ、ここをクリックして投票をお願いします。


人気blogランキングにも参加しています。
こちらのクリックもよろしくお願いします。
人気blogランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kumasan114

Author:kumasan114

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。