スポンサーサイト

     -------- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ティーンエージャーと平目

     2007-03-10 : エッセー

 ティーンエージャーという言葉がある。英語でthirteenからnineteenまでの、語尾に「teen」が付く年齢の若者こと。だから11歳と12歳は含まれない。

 確かに11と12はelevenとtwelveであり、13以上とは数字の作り方のルールが異なる。中学校の英語の授業でこれを知ったとき、なんとシステマティックでない言語だろうと思った。何の理由があって11と12は違うのか。

 古い映画「ライアンの娘」の小学校でのシーンに掛け算を覚える場面があった。日本で言う九九なのだが、アイルランドでは12x12までやっている。何の理由があって12まで掛け算を覚えるのか。

 調べてみると、どうも12進法に関係がありそうなのだ。英国の通貨1ポンドは昔12ペンスだった。また長さの単位1フィートは12インチである。確かに12x12までの掛け算を覚えていると便利そうだ。いや、必需品だったのかもしれない。

 鉛筆12本で1ダースといったり、時計の短針が一回りで12時間だったりと身近に12進数は転がっている。なぜ12進法が多く用いられてきたのかについては色々な説がある。私は12は2でも3でも4でも6でも割り切れるからと言う説が正しいのではないかと思う。

 クッキーの12枚詰め合わせセットがあったとしよう。これならば二人でも3人でも4人でも6人でも公平に分けることが出来る。これが10枚入りだったら、二人か5人以外だと喧嘩になりかねない。西洋の12進法はなかなか優れたシステムだと思うようになった。

 寿司屋でおつまみに魚を切ってもらったりする。そのとき出てくるのは必ず3切れとか5切れとか割り切れないことが多い。日本の美学では割り切れないことを尊いとするのかもしれないが、白木のカウンターに美しい緊張が走ることは確かだ、、、、それは俺が食おうと思ってた平目だ、、、

Photo: At seventeenを歌っていたジャニス・イアン

ブログの人気投票に参加しています。
ぜひ、ここをクリックして投票をお願いします。


人気blogランキングにも参加しています。
こちらのクリックもよろしくお願いします。
人気blogランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

"Between the lines"だ。

でも、オビがビクターになっている。
ジャニス・イアンと言えば、CBS SONY、女性ポップスの看板だったような。レーベルって、流れ流れてだなぁ。

Unknown

12進法・・・
私、常々なんでこんな変な数字で切るのかと思ってました。
なるほど、割りやすいってことでは、かなり合理的な数字ですねぇ・・・すごい!
ちょっと、感動。目からウロコ。

ところでジャニス・イアン・・・
結構好きでした。
最近どうしてるのかなぁ・・・
懐かしいなぁ・・・

60歳、ジャニス・イアン

分針の60というのも2,3,4,5,6で割り切れる優れものですね。一時間テニスコートを借りたんだけれど、8ペアいるから、、、というとき時間の割り振りを、脳内コンピュータだけで計算できますから。えっ、9ペアいるって???、、、、、一組けえってもらえ、、


そうですね、ジャニスイアン。けだるい歌い方が好きだったのですけれど、もう60歳に近いはず、どうしているのでしょう。
プロフィール

kumasan114

Author:kumasan114

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。