スポンサーサイト

     -------- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丘の上ひなげしの花で、、、

     2007-03-13 : エッセー

 くる、こない、くる、こない。
 すき、きらい、すき、きらい。

 丘の上で花占いをしている少女を見つけたら思い出して欲しい。チャンス到来と。あなたは運命を司る神になるのだ。

 覚えておくべきことはただひとつ、花弁の数はある決まった規則により決定されているということ。あらかじめ花弁の数がわかっていたら、花占いの結果を自由にコントロールできるのは当たり前である。

 フィボナッチ数という数列がある。

 1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144..........

という数字の列であるが、作り方は前の二つの数字を足したのが次の数字になるというもの。たとえば8は3と5を足したもので55は21と34を加えた数である。144の次はいくつかというと89+144で233になる。暗算で144まで頭の中で作っていくのはボケ防止に良いかもしれない。

ひまわりの花弁は34枚 さて、本題の花弁の枚数だが、このフィボナッチ数のどれかであることが多い。桜は5枚だし、冒頭の写真の花は13枚の花弁を持っているし、このひまわりは34枚の花弁を持っている。例外も多いが、花弁の数を推測したい場合、何も考えないよりフィボナッチ数のどれかと思って行動したほうが、長い人生において得をすることが多いだろう。

 ひなげしの花で花占いをしている、舌足らずの女の子がいたら、残念ながらこれは敬遠しておいたほうが良い。なにしろ、ひなげしの花は花弁が4枚しかない。フィボナッチ数じゃ無いじゃないかという前に、4枚の花びらで占おうということ自体が性格破綻を暗示しているような気がするから、、、、


ブログの人気投票に参加しています。
ぜひ、ここをクリックして投票をお願いします。


人気blogランキングにも参加しています。
こちらのクリックもよろしくお願いします。
人気blogランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

好き嫌いはダメダメ!

さて、作詞者が花弁の数を知っていたのか 興味が出てきちゃてます。


ひなげしの花 
作詞:山上路夫
プロフィール

kumasan114

Author:kumasan114

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。