スポンサーサイト

     -------- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機長、進入速度が速すぎます

     2007-04-05 : 外出、旅行

 「機長、進入速度が速すぎます」横で副操縦士が叫んでいる。いや、スピードが問題なのではない、距離が問題なのだ。エスカル2000機は機首をぐっと下げながら、見事なクロソイド曲線を描きながらアプローチに進入していった。

 人間の行動には必ず理由がある。もちろんその理由が合理的な場合もあれば、そうでない場合も有る。しかし、必ず理由はあるのだ。

 機長の様子がおかしくなったのは上越でのスキーの帰り、関越道の花園インターチェンジを通過した頃だった。口の中で何かぶつぶつ言っていたかと思うと急に変なことを言い出した。

 「東松山のインターチェンジを下りて一般道を走るから」と機長。
 「えっ、高速渋滞してるわけでもないのに、、なぜ?」
 「その先の鶴ヶ島インターでまた高速道に入るから」
 「余計わからない、眠いとか、気持ち悪とか?」
 「そうじゃないけど、とりあえず降りるから」
 「もし休みたいんだったら、その先に高坂サービスエリアがあるわよ」
 「高坂?、、高坂、、高坂って練馬から何キロ?」
 「えーと、、、HighwayWalkerによると34.8km」
 「ってことは、、、、1km、、、、、、、了解、高坂に寄っていこう」

99999km 高坂サービスエリアに入ってからも機長の様子がおかしい。パーキングエリア内をぐるぐる走り回っているのだ。もちろんドリフトをやるような機体ではないから、ゆっくりのろのろと走り回るのだけれど10周も走るのは常軌を逸している。あげくの果てに、そんなところの写真なんか撮ってどうするんだ。

 エスカル2000機はいったんトイレの前に止まり、副操縦士をおろした。しかし機長の奇行はまだ続く。またパーキングの中を走り回っているのだ。いったいこの行動に合理的な説明が付くのか?

100000km しばらく走り回ると機長は満足したのか機体を止めた。そして記念撮影。エスカル2000機の走行距離がちょうど10万kmになった瞬間だ。

 人間の行動には必ず理由がある。もちろんその理由を理解できる場合もあるし、理解したく無い場合もある。そして、まったくアホには付き合っていられないと言う場合もある、、、、


ブログの人気投票に参加しています。
ぜひ、ここをクリックして投票をお願いします。


人気blogランキングにも参加しています。
こちらのクリックもよろしくお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

10万キロ越え

うらやましい。

私の元年式P車は旧式で、99999kmしか走れない仕様なんです。
お金があって、ボディを直せたら、最後に距離計を分解し"9"の左に"3"をインレタで貼ろうか、なんて考えます。さすがに"4"はもうあり得ないと思うので。

日本車が道具として完成したのはいつ頃でしょうか。カローラで言うと、FWDになったE8シリーズ以降かな? 日産だとN13の3代目パルサーは、同クラスのゴルフ等と比べてもほとんど不満はありませんでした。だから、1982、3年頃なのでしょうか。(プラザ合意や、音楽CDの登場などの歴史的なアイコンと重なる時期です。日本に限れば、大島三原山の噴火がありました)

要は、日本車が完成した80年代以降の製品なら10万キロ越え、というのはなんの意味もないんじゃないの、と言う気がします。10万キロって、サンデードライバーが月に千キロ乗ったとして、10年くらいでだいたい到達する距離。ディーラーの営業が「替え時ですよ、これからお金がどんどんかかりますよ」と脅して、ユーザーも「10年10万キロ乗るなんて乗りすぎだ。もう寿命だ。カーナビも壊れたし、キット寿命だ」と新車購入の理由を見つけて買い換える、というような古き良い時代の一区切りだったのでは。

私の10万キロ越えっていつだったのだろう。多分、朝の通勤途中で、首都高川口線あたりを東北道に向かって走っていたのかなぁ。日常の一コマだったので記録にもありません。
プロフィール

kumasan114

Author:kumasan114

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。