スポンサーサイト

     -------- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画、タロットカード殺人事件

     2007-12-02 : 映画、舞台

 去年公開されたウディ・アレン監督作品、マッチポイントを見逃したので「タロットカード殺人事件」はぜひ見ようと東京日比谷のシャンテシネに出かけた。ところがこれが12月1日、そう毎月1日は映画の日で入場料1000円。めちゃくちゃ混むのだが来週の金曜日までの公開なのでやむ得ず出かけた。
 
 この映画はウディ・アレンがスカーレット・ヨハンソンのために脚本を書いた作品だ。前作の「マッチポイント」で監督のウディ・アレンはヨハンソンのことがよほど気に入ったのか、今回の作品では自分も出演している。次作もヨハンソンを使うと言うから尋常ではない。

 話はコロンボのように最初から犯人がわかっている倒叙形式になっている。ロンドンに遊びに来たニューヨークっ子のサンドラがマジックショウの最中、連続殺人事件の犯人が上流階級のピーター・ライモンだと知らされる。

 ジャーナリスト志望のサンドラはマジシャンのスプレンディーニと一緒にこの大スクープを物にしようとピーター・ライモンに接近する。

 マッチポイントでは結末に驚き、それって有りかいと思ったので、このタロットカード殺人事件でも倒叙形式にみせてきっと何か仕掛けがしてあるのだろうと思っていたのだが、、、、。もっとも映画全体はとてもしゃれていて気に入ったのではあるが。

 サンドラをスカーレット・ヨハンソンが演じている。あまり知的な印象の無いヨハンソンがジャーナリスト志望の学生を演じるのはミスキャストだろうと思う。もっともこの映画はミステリーと言うよりもコメディと言ったほうがよく、ヨハンソンがジャーナリストと聞いただけで笑えるから確信犯的キャスティングと言えるかもしれない。

 マジシャンを演じているウディ・アレンはいつものようによく喋る。ヨハンソンに向かって「お前は変態(twisted mind)に好かれるタイプだ」と言ったりすると、その通りだよ、ウディ分かってるじゃないかなどと思ったりする。

 最近本当によくスカーレット・ヨハンソンを見る。ちょっとうんざりしていて、ここは一発芸で締めくくろうと思う。かなわんわー、もうイーデス・ヨハンソン、、、、、、



日記blogランキングに参加しています。
クリックをよろしくお願いします。
日記@BlogRanking

人気blogランキングにも参加しています。
こちらのクリックもよろしくお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kumasan114

Author:kumasan114

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。