スポンサーサイト

     -------- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男の手仕事、腕時計の電池交換 その2

     2008-05-20 : 科学、技術
 腕時計の電池交換は自分でやっているのだが、ブログなどに書くと知人から電池交換を頼まれることがある。

 これが今回のターゲット。セイコーなのだが、こじあけで簡単に開く。電池はSR920Wでヤマダ電機で購入、390円である。

セイコー

 交換は5分もかからないが、裏蓋をきれいに掃除し、パッキンにシリコングリスを塗ったりするので、町の電気屋よりよほど丁寧な仕事をする。

 それに電気屋に頼むと1000円はかかるので、実利的な意味もある。1000円が390円で済むのなら、一回の交換で600円ほどの差額が出る。10回も交換すれば、こじあけなどの工具への投資も正当化されるというものだ。

 先日町を歩いていたらこんな看板が出ていた。

駅前の看板


  えっ、580円。交換一回につき200円の差額。これではなかなか投資を回収できない。

 それではと、電池を100円ショップのダイソーで買うことにした。2個で100円というのもあったのだが、さすがに酸化銀電池のほうが良かろうと言うことで1個100円の電池を奮発した。

ダイソーの酸化銀電池


 これなら1回の交換で500円の差が出ることになる。これぞ「窮すれば則ち変じ、変ずれば則ち通ず。」 の心である。

 電池交換の終わった腕時計を渡しながら「電気屋に頼むと1000円はかかるところを800円でいいよ」と言ってみるのだが、支払ってもらえたことは一度も無い。どうも、私に頼むとただで交換できると思っているらしい。電池交換の練習をさせてやっているのだから、という恩着せがましい目で見られることすらある。

 こんなわけで、腕時計の電池交換には、コスト意識を持ち、丁寧な仕事をしても結局は赤字になると言う構造的問題がある。それならブログなどに書くなと言うことだが、最近ネタ切れで背に腹は変えられぬ。貧すれば鈍すということか、、、、、、



日記blogランキングに参加しています。
クリックをよろしくお願いします。
日記@BlogRanking

人気blogランキングにも参加しています。
こちらのクリックもよろしくお願いします。
 


コメントの投稿

非公開コメント

電池交換

土曜日に腕時計の電池交換をしました。

こちらでは電池交換もメーカーに送るそうです。
5~10日はかかるとのことでしたので裏蓋を
開いてみました。写真のように簡単な構造で
電池を取り出しテスターで電圧を測ると0.5Vしか
ありませんでした。500円で電池を購入して完了
しました。こちらでは1,500円くらいかかるそうです。
次はダイソーで購入して交換します。

高級な時計は

tochi様
コメントありがとうございます。
そうなんですか、1500円、5日といわれると自分で交換するメリットが感じられますね。
ダイソーには種類が限定されますけれど酸化銀電池がおいてありました。必要なものがあればよいのですけれど。
こちらでも高級な時計やブランド物の時計は預かりになり、交換費用もちょっと高いようです。tochi様の時計、高級品ですね。

Unknown

リンクのこと、ありがとうございました。
これからも、どうぞ、よろしくお願い致します。

ところで、私は安物腕時計の電池交換を
お店に頼んでおります。

Unknown

やなぎはっか様、
リンク、ありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。

2年に一度の電池交換は自己満足の世界です。電池交換はちゃんとしたお店にお願いするのが一番だと思っています。
プロフィール

kumasan114

Author:kumasan114

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。