スポンサーサイト

     -------- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

曽我梅林のフランス・ギャル

     2009-03-06 : フィクション
 カーステレオから「夢見るシャンソン人形」が流れている。穏やかな湘南の海を左手に見ながら西湘バイパスを走ること30分、国府津インターで降りた。そこから少し山の方に走ると、突然空気が潮の匂いから梅の香りに変わる。このあたりには曽我梅林があるのだ。2月のはじめになると3万本といわれる梅がいっせいに満開となる。

 梅林の中に入ると通路上に駐車をすることが出来る。無料であるが、休日にはなかなか駐車スペースを見つけることが出来ない。そんなときは500円払うと有料駐車場に停めることも出来る。

これが無料駐車スペース


 お花見の作法にのっとってこんな風に宴会をしている人たちがいる。

お花見

 当然梅を見なくてはならないので少し写真を並べよう。

曽我梅林の梅


曽我梅林の梅


曽我梅林の梅


曽我梅林の梅


曽我梅林の梅


 外国にはお花見の習慣は無いと聞いていたが、今回は多くの外国人に会った。売店ではおばあちゃんが10代後半の金髪の少女二人組みに梅干の説明をしている。カタカナで書いた紙を見ながら英語で話すのだが、大きな声でしっかりしゃべるから十分通じているようだ。

 少女達も英語が母国語ではないようで、とつとつと話をしていのだが、会話を一生懸命楽しんでいるようで、本当にほほえましい。

 梅干を買った彼女達が最後にメルシといったような気がしたのでフランス人かもしれない。その彼女達が隣のジャム屋さんでは上手な日本語で話している。思わず「日本語お上手ですね」と声をかけてしまった。

「英語で一生懸命話しかけてくれるので、つい日本語をしゃべれるって言いそびれちゃって」真紅のダッフルコートの少女がはにかみながら答えた。

 梅林で出会った彼女達はとても気持ちの優しい少女達だった。それにしても母国語に絶対的な誇りを持っていると聞くフランス人が日本語にも堪能であるのには本当に驚いた。ただ良く考えるとそう驚くことではないのかもしれない。場所が場所だけに梅林ギャルがいても不思議ではないのである。





日記blogランキングに参加しています。
クリックをよろしくお願いします。
日記@BlogRanking

人気blogランキングにも参加しています。
こちらのクリックもよろしくお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

バイリンガル

えーと、このフランスギャルはフランス語と日本語と英語も出来るからバイリンガルというより、トリリンガルよね。細かいことですけど。

お見逃しを

masa様、
コメントありがとうございます。
ご指摘、そのとおりですが、鳥林ギャルでは何のことだか分からないし、さて、どうしたものでしょう。
プロフィール

kumasan114

Author:kumasan114

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。