スポンサーサイト

     -------- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画、デュプリシティ

     2009-05-11 : 映画、舞台

 最近映画を見ることが少なくなった。今年に入ってもう4ヶ月もたつと言うのに2本しか見ていない。見たいと思う映画が少なくなったからなのだが、これはハリウッド映画の衰退と言うより、自分の嗜好が時代に合わなくなってきたのではないかと心配している。そんなわけで無理やり映画を見に出かけてみた。

 「デュプリシティ」、ボーンアイデンティの監督兼脚本家トニー・ギルロイの作品と言うことで少し期待して東京日比谷のみゆき座まで出かけた。

 ジュリアロバーツ演じる元CIAエージェントとクライヴ・オーウェン演じる元MI6のエージェントが産業スパイとして暗躍する物語らしい。今までの数あるスパイもののパロディになっているのではないかと目をこらして見ていたのだが、、、、、

 オープニングではプライベートジェットの前でどたばた騒ぎ。きっちりこれはコメディ映画ですよとシグナルを出している。さあ笑うぞと心づもりしていたのだが、、、、

 場面は現在から過去、過去から現在へと飛び回るし、舞台がニューヨーク、バハマ、ローマと飛び回るのもスパイ映画の定石だ。それにカジノのシーンが出てくると、ああやっぱりとクスッと笑ったりする。

 それでも結局、大笑いするところはないし、スパイ映画につき物の派手なアクションシーンも無い。カーチェイスも無いのは、最近の景気後退のためトヨタやBMWがスポンサーとして金を出せなくなっているのではないか、などと思いながら見ているわけだから少々退屈してしまう。

 プリティーウーマンでイチゴにあわせてモエ・エ・シャンドンを飲んでいたジュリアロバーツが、この映画で飲んでいるシャンペンもモエ・エ・シャンドンだとか、最後にドンペリが出てきた時それじゃ泡だらけだろう、なんてことに意識が行くからまさしくパロディー映画を見る姿勢は十分なのだが、それでも笑えない。

 あまりお勧めできない映画の紹介記事を書くのは気分が乗らない。しかし、それではここまで読んでくれた人に申し訳ないので、結末をここに書いてしまおうかとも思ったのだが、、、、、

 そんな映画だった。ハリウッド映画がんばれ。




日記blogランキングに参加しています。
クリックをよろしくお願いします。
日記@BlogRanking

人気blogランキングにも参加しています。
こちらのクリックもよろしくお願いします。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kumasan114

Author:kumasan114

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。