スリー・ディグリーズ ライブ

     2009-07-14 : 映画、舞台
 ボン・ジョヴィをはじめ、まず日本で人気が出て、その後世界的になった外国人アーティストは多い。そのはしりともいえるのがスリー・ディグリーズ。だから大変な日本びいきでしばしば日本に来る。

 その彼女たちが東京六本木にあるビルボード東京に来るというので出かけてきた。ビルボード東京は東京ミッドタウンにあるライブハウスだ。

ビルボード東京

 ウエイターのサービスがあるフルサービスの席と、ワンドリンクがついているセルフサービスの席があって、出演者によって異なるが今回は席料がおのおの9,000円と7,000円。

 日曜日の最初の回だったので、3時半に入場開始、飲食ができる。そして4時半、待望のショウの開始だ。

 このグループ、1963年の結成だからわたしはまだ生まれていない。それからメンバーは変わっているがValerie Holidayは1967年からのメンバーだし、Helen Scottは間が少し開いているが63年からのメンバーである。

 スリー・グレイセスは知っているけれどスリー・ディグリーズは知らないという人も多いかもしれない。しかしきっとキャンディーズの「天使のささやき」は聞いたことがあるのではないかと思う。 これがスリー・ディグリーズの最大のヒット、When Will I See You Againなのだが、本場もんを聴くのも良いものだ。

 



 この動画の左にいるのがValerie。彼女の声が好きなのである。実際彼女の声に鳥肌が立つたりする。
 
 一時間のショウだが、日本語を交えたトークや、日本語で歌う「にがい涙」などサービス満点。会場全体への目配りも完璧で、お客さん全員が「わっ、目が合った」と満足しながら帰ることになる。まさしくライブハウスという特性を120%生かした舞台。

 今回歌われた曲は

1. Shake Your Groove Thing
2. Giving up
3. Get your Love Back
4. Take Good Care
5. Woman in Love
6. Nigai Namida
7. Dirty Ol’man
8. Philly Medley
9 . When Will I See You Again
10. Boogie Wonderland 

 ショウが終わって帰りがけにふと見ると三人のサイン入りCDを売っている。残り三枚と言うことで、バーゲンで鍛えたテクニックを発揮、無事買うことができた。三人のサインには3°と入っている。なるほど三度、スリー・ディグリーズかと納得したのであった。


サイン入りCD


 今後出演してほしいアーテイストというアンケートがあったので、キャロル・キングとリンダ・ロンシュタットと書いてきたのだが、、、、、、






日記blogランキングに参加しています。
クリックをよろしくお願いします。
日記@BlogRanking

人気blogランキングにも参加しています。
こちらのクリックもよろしくお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kumasan114

Author:kumasan114

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード