スポンサーサイト

     -------- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ文章作法

     2009-07-27 : エッセー
 以前にも情報化社会の文章作法というのを書いたが、今回はブログの文章を書き上げる手順を具体的に紹介する。

 まず、テーマを決める。今回はこの写真をテーマとしよう。東京上野、国立西洋美術館にあるロダンの彫刻、カレーの市民。


国立西洋美術館にあるロダンの彫刻、カレーの市民


 次に考えるのがオチ。文章などテーマとオチさえ決まってしまえば、真ん中はどうにでもなる。それに真ん中の部分などほとんど読み飛ばされるわけだから気楽に書いても全く問題ない。

 今回の、なにやらいわくありげな群像のオチは「カレーのシミ」にしよう。そう、服に付いたら絶対に落ちないカレーのしみだ。「カレーの市民」と「カレーのシミ」、もうブログ一丁上がりの気分だ。

 でも待てよ、カレーの市民、たしか処刑されたか何かだったような気がする。だとするとギャグに使うのは不謹慎と謗られかねない。上品かつ薫り高い人畜無害のブログを目指しているわけだから、その辺はしっかり調べる必要がある。手を抜けない点だ。

 カレーの市民【名詞】
 オーギュスト-ロダンの有名な彫刻のひとつ。14世紀中ごろ、フランスの港町カレーを包囲したイギリスのエドワード王は市民6人の出頭を命じた。出頭すれば町は救われるが出頭した人たちは処刑を覚悟しなくてはならない。最初に町の指導者が志願し、市民5人が続いた。彼らはエドワード王の要求どおり、ズボンを脱ぎ、首に縄を巻いて出頭したのである。史実的にはこの6名、エドワード王妃の嘆願により助命されている。

 これならギャグに使ってもよさそうだ。ちょっと安心である。本当のことを言うと、書き上げられて、実際ブログに投稿される文章は全体の一割程度に過ぎない。残りの9割は「面白くない」「くだらない」「理屈っぽい」「下品」に分別され廃棄処分。そんなわけでブログの更新が滞りがちだが、上品を貫くには高い対価を払わなければならないのだ。

 さて次の工夫は、カレーの市民の話からカレーにどうやってつなげて行くかだ。これはいとも簡単。いきなりカレーの話にもっていってかまわない。実際、すでに切り替わっているのだ。

 カレーのシミについては以前にも古奈屋について書いている。本当にカレーのシミは取れにくい。気に入っているシャツなどにカレーが飛んでしまったとき、食事の途中でも、なにをさしおいても洗面所に走り水洗いをする。

 手洗い用の洗剤をなすりつけ水で洗うのだが、カレーのシミは思わないところにも跳んでいることがあるから気をつけなくてはならない。ズボンにとんでいたり顎の下にとんでいたりする。もし、あごの下のシミをごしごしこすっても落ちなかったら、さっさとあきらめなくてはならない。きっとそれは加齢のシミに違いないから、、、、、





日記blogランキングに参加しています。
クリックをよろしくお願いします。
日記@BlogRanking

人気blogランキングにも参加しています。
こちらのクリックもよろしくお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

Unknown

なるほど......
カレーの市民→カレーのシミ→加齢のしみ
お見事です、師匠! 
ダブルでオチをつけるとは畏れ入りました。

kumasanのユーモアは、ゲラゲラ笑いというよりもニヤニヤ笑いを誘う方が多いのですが「上品かつ薫り高い人畜無害のブログを目指している」の箇所を読んで納得しました。
記事の9割は廃棄処分?この言い回しも大変参考になりました。

ところで私の場合なら......
加齢のしみ→カレーのシミ→カレーの市民
全く逆の順番の連想になってしまうのですが。
でもこれだとオチがないですね。
いいえ、シミはそもそも落ちないんです!

Unknown

nihao様

ゲラゲラ笑ってしまいました。

落ちないのがシミだから落ちは無いって、、、、
流石nihao様、おみそれしやした。

私のブログはゲラゲラでもニヤニヤでもなくフンだといわれたことがあります。
専門用語では鼻で笑うと言うらしいのですけれど。「フン、くだらねぇ」って。

プロフィール

kumasan114

Author:kumasan114

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。