スポンサーサイト

     -------- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画、私の中のあなた

     2009-10-02 : 映画、舞台
私の中のあなた

 これは今年見た映画の中でベストの一本である。

 何度か予告編を見ていたが、こんな映画とは知らなかったので、たぶん試写会に当たらなかったらこの「私の中のあなた」を見ることが無かったかもしれない。本当にラッキーであった。

 白血病の姉、ケイトを救うためのドナーとして生まれてきたのがアナ。その彼女がもう姉のドナーにはならないと両親を告訴する。これがあらすじと聞くとだれでも結末を読めるだろう。でも後味が悪そうだなという先入観があったのだが、、、、、

 とにかくよく出来た映画である。ストーリーについて余計なことを書くと、これから見る人の感動が薄れてしまうから書かないが、結末に驚きそして後味もすばらしいとだけ言っておく。

 母親役をキャメロン・ディアスが演じている。チャーリーズエンジェルのイメージが強く、演技はあまりうまくないねと思っていたのだが、この映画では見違えるように良い。元弁護士の母親役がぴったりとは、あのお馬鹿なキャラクターのキャメロン・ディアスはどこへ行ってしまったのだろう。彼女の一番の当たり役になるかもしれない。

 アナをアビゲイル・ブレスリンが演じている。「幸せのレシピ」でなかなか良かったので、「リトル・ミス・サンシャイン」のDVDを借りてみてみたのだが、あまりぴんとくる演技ではなかった。それがこの映画ではちがう。どうしてそういう表情をするの、と疑問におもったシーンも後でその理由が分かると、天才子役にしか出来ない演技だったと納得することになる。

 父親役のジェイソン・パトリックはスピード2以来ご無沙汰であったが、この映画では脇役とはいえ重要なエピソードで光り輝く。ちなみにその際バックに流れる曲はFeels like homeで昔から大好きな曲である。




 勿論姉のケイトを演じているソフィア・ヴァジリーヴァも良いし、弁護士も判事もきっちり存在感がある。このように一流の俳優を配役し全員が魅力たっぷりなのは脚本が良いということなのだろう。

 こんな重いテーマの映画だがお涙頂戴的なところは全く無く、問題意識の押し付けも無いから、すんなりと心の中に入ってくる。本当に上手に作ってあるので、お勧めの映画だ。






日記blogランキングに参加しています。
クリックをよろしくお願いします。
日記@BlogRanking

こちらのクリックもよろしくお願いします。
blogram投票ボタン

コメントの投稿

非公開コメント

Unknown

kumasanの記事を読むまで、この映画「ありがちなあの手の・・・」と思っていました。
試写に申し込めばよかった・・・ザンネン!
キャメロンもいい映画にめぐり合えて良かったと思います。
女性のファンが多い彼女ですが、これといった映画には出ていなかったようでイマイチなポジションでしたね。
今後に期待できそうです。
>天才子役にしか出来ない演技
ついこの間DVDで「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」を見たとき「この子役はうまいなぁ、やっぱりアメリカにはこんなに上手い子役がいたりするのよねぇ・・・」
と思いながら見ていたのですが、その子がキルスティン・ダンストだと知ってさらにビックリしたのでした。
スパイダーマンのあのヒロインは魅力的に思えなかったのですが、見る目が変わりました。

Unknown

panco様、
エエエーーー、、、、びっくりしました。
インタビュー・ウィズ・ヴァンパイアのDVD見てみたら確かにスパイダーマンの彼女と全く同じ顔をしてました。子役のときのほうが格段インパクトがありますね。
プロフィール

kumasan114

Author:kumasan114

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。