スポンサーサイト

     -------- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画、ドン・ジョヴァンニ

     2010-05-16 : 映画、舞台
 渋谷の文化村でしか公開しないのかと思っていたら横浜の109シネマズみなとみらいでもドン・ジョバンニをやっている。なにしろ東急のルシネマは各種割引が効かないので銀嶺や目黒シネマに流れてくるのを待つのだが、音響の良い劇場で見ることが出来るのはうれしい。

 前日インターネットで予約したら真ん中の良い席が取れたのでおかしいなあと思って出かけたら、150席のシアターに観客は25人。これでは今週が最終週になってしまうかもしれない。グッドタイミングと言っておこうか。

ドン・ジョバンニ


 この映画はモーツアルトの歌劇の製作過程を、台本作者のロレンツォを主人公として描いたもの。映画中劇として歌劇ドン・ジョヴァンニも見ることが出来る。

 映画はベネチアの運河を運ばれていくドン・ジョバンニの石像のシーンで始まる。後ろに流れる効果的な音楽はビバルデイの四季から夏。

 ユダヤ人として生まれた主人公はキリスト教への改宗をさせられ、ロレンツォ・ダ・ポンテを名乗るようになる。聖職者でありながら世間を風刺する詩を書いたり人妻と不適切な関係を持ったりしたロレンツォは異端審問所に連行される。

 このあたりは以前見た映画カラバッジョで焚刑になったジョルダーノ・ブルーノを思い出させ暗い気持ちになってしまうが、ベネチアからの15年間の追放でウイーンに移り住むことになる。

 ここでモーツアルトに出会ったロレンツォは歌劇ドン・ジョバンニを書き上げることになる。ドン・ジョバンニはスペイン語ではドン・ファン。彼は自分をモデルにして台本を書いていく。テーマは自由な精神だろうか。

 実際のオペラ、ドン・ジョバンニは2幕で約3時間の大作だからなかなか見る機会は少ない。しかしこの映画は約2時間で、どこかでドン・ジョバンニの話が出たとしてもこれさえ見ておけば十分に話についていくことが出来る。音楽も良いし、お勧めの映画だ。




日記blogランキングに参加しています。
クリックをよろしくお願いします。
日記@BlogRanking

こちらのクリックもよろしくお願いします。
blogram投票ボタン


コメントの投稿

非公開コメント

Unknown

昨年、ウィーンの歌劇団のオペラ、ドン・ジョヴァンニを見る機会があったのですが、不覚にも途中から居眠りしてしまい全然内容がわかっていません。(どんと序盤に睡魔)
チケット代だけでも映画を10回以上見に行けるのに...
>これさえ見ておけば十分に話についていくことが出来る。
残念なことに我が街の映画館では上映されていません。
ドン・ジョヴァンニは、劇作家が自分をモデルにして書いたものなのですか。面白そうですね。
後ほどぜひDVDで見たいと思います。

Unknown

nihao様

本物をご覧になったのですね。うらやましいと言おうか、お疲れ様と言おうか迷ってます。きっと私も眠たくなると思いますけれど、この映画なら大丈夫です。

カサノバも出てきて舞台裏を覗く面白さがあります。もっともカサノバはヒースレジャーにやって欲しかったとの意見もありました。
プロフィール

kumasan114

Author:kumasan114

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。