スポンサーサイト

     -------- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北旅行2010 (10)男鹿水族館GAOと八望台

     2010-09-03 : 映画、舞台
 今年の東北旅行の最終日である。ところが、今回の旅行中まともに昼食をとったのは一度も無い。最後の今日くらいは秋田市内でおいしいものを食べたいので、ゆっくりしてはいられない。朝食をとって宿を出たのが9時。

 一路入道崎へ、と思ったのだが宿の直ぐそばに水族館があった。9時開館のはずなのに、駐車場にはもう地元、秋田ナンバーの車が10台以上停まっている。「地元の人間が大勢入っている食べ物屋はおいしい」という定理を応用すると、これは見過ごせない。

 入場料1千円を払って男鹿水族館GAOに入ると、いきなり「男鹿の海、大水槽」。これが鳥肌が立つほどの迫力。駆け足で通り過ぎるはずが、いきなり足が止まってしまった。その上、追い討ちをかけるように、10時からゴマフアザラシの餌付けをやる、というアナウンスがあったので、入船での昼食はどこかに飛んでいってしまった。


男鹿水族館GAO 


 結局1時間半も、水族館に滞在することになった。ところが、大満足で駐車場に出てみると、広い駐車場は満車、駐車待ちの車の列が出来ている。まさしく早起きは三文の得を実感。

 さて、だいぶ時間を使ってしまったが、八望台に向かう。ここからマールと呼ばれる、爆裂火口を見ることが出来る。一ノ目潟から三ノ目潟がマールだが、戸賀湾自体も爆裂で出来た地形と言われている。 これらは水とマグマが接触して起こる、水蒸気爆発によってできた火山地形で、非常に珍しいものらしい。


爆裂火口 


 八望台からは二ノ目潟と、その向こうに戸賀湾が見える。三ノ目潟は宿泊した帝水の直ぐ裏にあって八望台から見ることは出来ない。


八望台から二ノ目潟を望む 


 これだけの地形を作ってしまう水蒸気爆発、見てみたいものだが、安全に見るのはとても無理だろうな、と言うのが感想である。

 さて、今回の目玉のひとつ入道崎に向かうことにする。



日記blogランキングに参加しています。
クリックをよろしくお願いします。
日記@BlogRanking

こちらのクリックもよろしくお願いします。
blogram投票ボタン 
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kumasan114

Author:kumasan114

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。