スポンサーサイト

     -------- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清里、萌木の村

     2010-09-13 : 外出、旅行
 清里と言うと若者の町というイメージが強く、ずっと遠慮していた。ところが最近は、年配の元気な女性が清里駅前を闊歩していると言う噂を聞き、苦節50年、ついに我等の時節到来かと、萌木の村を訪れた。

 週末、ちょっと田舎でのんびりしたい時、よく山梨に出かける。横浜から車で2時間くらいで行くことが出来るという利便性と、果物がおいしかったり、ちょっとした山に登ると今年のような酷暑の中でも涼しい山風にほっと息をつけるからだ。

 今年も9月の初め、勝沼でぶどう狩りを楽しんだあと、昼食をどうしようという話になった。長坂の翁の蕎麦も飽きてきたし、おにぎり持っての美し森ハイキングも食指が動かない。

 ならば清里でと思ったのだが、昔よく行ったグラタン屋さん「あみ」は、最近行列がひどい。そういえば確か「ネスト」というレストランがあるはずと、ナビ頼りで走っていくと見慣れたところに着いた。萌木の村、ここには前にも来たことがある。

 萌木の村株式会社という私企業が、一帯を観光スポットとして開発したもの。以前に比べ、ずいぶん木々が育ち、なかなか落ち着いた雰囲気になっている。

 まずはネストで昼食。ランチは2800円。

 プロシュートと新鮮な野菜にパルミジャーノがかかったサラダ、二人分。

ネストのランチ


 フォカッチャのようなパン。

ネストのランチ


 かぼちゃのスープ、泡はシナモン。

ネストのランチ


 私が頼んだ、メインの肉料理。ちょっと味見した魚料理よりこちらがお勧め。

ネストのランチ

 メインの魚料理。

ネストのランチ


 コーヒー。

ネストのランチ

 チェックをお願いした時に「こちらのお店はイタリアンですか」と聞いてみたら、きっぱりと「フレンチです」と言われてしまった。大変失礼しました。

 このレストラン、客もそれほど多くなく、落ち着いて食事が出来る。それに、味も観光地での食事としては合格点。

 食事の後、萌木の村の中を散歩したが、年を経た落ち着きを感じる。いろいろな売店もこんなかんじ。

萌木の村

 これからは、ささやかながら清里老人化プロジェクトに協力して行こうと思っている。



 

日記blogランキングに参加しています。
クリックをよろしくお願いします。
日記@BlogRanking

こちらのクリックもよろしくお願いします。
blogram投票ボタン 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kumasan114

Author:kumasan114

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。