スポンサーサイト

     -------- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワインの仕込みと葡萄の旬

     2010-10-19 : 外出、旅行
 今年もそろそろ葡萄の季節が終わる。

 葡萄の産地として有名な、山梨の勝沼付近で一番遅くまで収穫できるのが甲州種。今、ちょうど甲州の収穫の真っ最中で、収穫された甲州はワインに醸造されたりする。

 勝沼周辺の葡萄農家が集まって、ワインを作っているのだが、"ぶどうばたけ"というそのままの名前の葡萄農家で、その圧搾の現場を見ることが出来た。

 まず集められた葡萄は、破砕機にかけられ、枝が取り除かれる。奥に見えるのが破砕機。

ワイン用甲州

 破砕された葡萄は、隙間の空いた樽につめられ、ジャッキで圧力をかけ、絞っていく。ボトルに換算して1万5千本くらいの生産だから機械化などする必要もないと言うことだろう。

甲州の圧搾

 破砕直後の透明なぶどうジュースと圧搾後の濁ったぶどうジュースを飲ませていただいたが、圧搾後のジュースの方がこくがあってはるかにおいしい。

搾りかすは家畜のえさ。

葡萄の搾りかす


 ついでに生食用の葡萄も買ってきた。お勧めの葡萄を3千円分つめてもらったのがこれ。

 今がちょうど旬の甲斐路、100グラムで150円。小粒だが甘さもあり、香りも高い。今回のベスト。

甲斐路

 9月いっぱいが標準収穫時期の瀬戸ジャイアンツ、100グラムで200円。皮も食べることが出来る品種で、今回のは、甘さはそれほどでもなく、酸味が強いが、まだまだ食べることが出来る。歯ざわりが好きな品種だ。

瀬戸ジャイアンツ

 ちょっともう遅いのかなという種無しピオーネ、100グラムで150円。巨大な粒は健在だが、やはり甘味も香りも薄いという印象。

種無しピオーネ


 葡萄の収穫は7月末のデラウエアから始まって、10月末の甲州で終わる。毎年9月前半には旬の藤稔や安芸クイーン、多摩ゆたかを買出しに出かけ、10月前半に瀬戸ジャイアンツや甲斐路を買いに出かけるのだが、今年はちょっと出かけるタイミングが遅れたようだ。

 何であれ、おいしいものを食べるには、旬の時期を逃さないことが一番大切と再確認した一日であった。



 
日記blogランキングに参加しています。
クリックをよろしくお願いします。
日記@BlogRanking 60代~日記

こちらのクリックもよろしくお願いします。
blogram投票ボタン 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kumasan114

Author:kumasan114

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。