スポンサーサイト

     -------- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワシントン条約とアボカドと醤油

     2010-12-01 : 食べ物
 横浜の有隣堂で立ち読みしているとき目に付いた本が都甲清著「プリンに醤油でウニになる」。

 冒頭の書き出しが刺激的。プリンに醤油をかけるとウニの味になる、蜜柑の薄皮を海苔で巻いて醤油を付けるとイクラになる、というのだ。

 その上、アボカドに醤油をかけるとトロになるとは、本当だろうか?

 実験あるのみ。

 ニュージーランド産アボカド、158円を購入。

ニュージーランド産アボカド


 醤油だけでは芸が無いので、やまかけアボカド。変化球だ。

やまかけアボカド


 さて、結論だが、やまかけアボカドは残念ながらトロとは感じない。それに、なんとも見栄えが悪い。変化球がいけないのか。

 、、、と言うことで原点に戻り、醤油だけをかけてみる。直球勝負だが、確かに噛んだ瞬間はなんとなくトロの感じはある。しかしまもなくアボカドの青臭さが口に広がってしまう。

 何回かの試行の後、これは醤油に触れていない部分のアボカドの味だろうと言う仮説にいたった。ならばと、アボカドを出来るだけ薄く切って醤油をかけて食べると、、、まさしくトロの味。

 珍しく今回の実験は大成功であった。では、醤油アボカドが我が家のメニューになるかというと疑問は残る。コストパーフォーマンスに問題がありそうなのだ。購入したアボカド158円。ところが200グラムあったアボカドの皮をむいて種を取ると110グラム程度になってしまう。もうちょっと出せば本物のトロを買えそうだなあ、と言うのが実感。このメニューは、クロマグロの国際取引がワシントン条約で禁止されたときの楽しみにとっておこうと思っている、、、、





日記blogランキングに参加しています。
クリックをよろしくお願いします。
日記@BlogRanking 60代~日記

こちらのクリックもよろしくお願いします。
blogram投票ボタン

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kumasan114

Author:kumasan114

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。