スポンサーサイト

     -------- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画、バーレスク

     2010-12-28 : 映画、舞台
 バーレスクは女性のお色気を強調した踊りを含めたショー。だから、ダチョウの羽を使ったファンダンスもバーレスクの一種。

バーレスク

 ロサンゼルスにある小さなバーレスクの劇場を舞台にしたこの映画は、主人公アリをクリスティーナ・アギレラが演じている。これは音楽映画として期待できると、早速桜木町のブルク13に出かけた。マイナーな映画だから混まないだろうと思っていたが、最前席までいっぱい。前日にインターネットで予約しておいて正解だった。

 ストーリーは、アイオワの田舎町でウエイトレスをやっていたアリが劇場のオーナー、テスと絡みながら、成功していく物語。

 バーレスクはもともと音楽に合わせたダンスのショウで、歌う場面があってもそれはリップシンク、つまり口パク。それでは主役に今をときめくシンガーソングライターのクリスティーナ・アギレラを持ってきた理由がわからない、、、というのが伏線になっている。

 この映画は、バーレスクのショウのすばらしさと、アギレラの歌に酔うことになる。その上、テスを演じているのがシェール。我々の世代にはソニーとシェールのシェールだが、ちゃんと歌も歌ってくれる。音響のよい映画館で見ることをお勧めする映画だ。

 ところで、アメリカン・ミュージック・アワードでアギレラがバーレスクの挿入歌を、映画の装束そのままで歌っていた。ご覧になった方もいらっしゃると思う。こんなことを言って、政治的に正しい発言かどうか自信はないが、本物のアギレラは映画の中よりもちょっとおデブさんだったし、踊りもいまいち。

 とにかく映画の中のアギレラは歌がうまいのは当然として、スタイルもよいし踊りも抜群。お勧めの映画だ。



日記blogランキングに参加しています。
クリックをよろしくお願いします。
日記@BlogRanking 60代~日記

こちらのクリックもよろしくお願いします。
blogram投票ボタン

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kumasan114

Author:kumasan114

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。