映画、アンストッパブル

     2011-02-23 : 映画、舞台
 冬場は雪国で過ごすことが多いので、映画館にでかける回数が減る。

 ところが突然の発熱。検査ではインフルエンザではないと言うことだったが、8度5分の熱が4日も続いた。そんなわけで2週間ほどおとなしくしてから、リハビリのため街中に繰り出した。

 そうなれば当然映画と言うことになるが、今回の選択はアンストッパブル。予告編の印象が良かったのと、上映時間が1時間半と短いのも今の体力を考えると最適ということだ。

アンストッパブル


 実話を基にしたというこの映画、危険物を積載した暴走列車が人口密集地区に近づいていく。どうやって大惨事を防ぐか。

 主役はデンゼル・ワシントンとスタートレックのクリスパインだが、私にとって本当の主役は巨大なジーゼル機関車。この鉄の塊が暴走する圧迫感が見事に表現されている。この感覚は氷川丸のエンジンを見たときに感じたものと通じるところがある。

 登場人物の家庭事情なども描かれているが、プロットは暴走する列車。これに尽きる。それでも操車場長を演ずる女性のかっこよさがこの映画を寄り魅力的にしている。

 この映画は鉄の塊の重量感を感じることの出来る大画面と、列車の走行音がどきどき感を高める音響設備の整ったところで見ることをお勧めする。

 久しぶりのストレス発散に最適の映画。それでも、病み上がりの私はぐったり疲れて映画館を後にした。


日記blogランキングに参加しています。
クリックをよろしくお願いします。
日記@BlogRanking

こちらのクリックもよろしくお願いします。
blogram投票ボタン 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kumasan114

Author:kumasan114

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード