スポンサーサイト

     -------- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語にルビ振って

     2006-12-29 : エッセー

 外国文学は出来るだけ原文で読みたいと思っている。 もっとも文学といってもミステリーとかSFが主となっているのだが、このSFには手を焼く。 用語が難しい、SF独特の言い回しがある、辞書引いても出てこない、と最悪だ。

 そこで登場したのが、講談社インターナショナル社が出版しているルビー・ブックス。 帯には「日本語のように英語が読みたい!だから『ルビ訳』」とある。 昔、難しい漢字にルビが振ってあったように、英語の単語にぴったりの訳語がルビで付いている。 英語の活字は普通のペーパーバックと同じ大きさで、ルビは1ミリくらいの高さの活字で、色は薄い黒。 英語だけ読むときルビが邪魔にならない様に工夫されているのだろう。

 ただし、年寄りには問題点がひとつある。今までのルビは平仮名かカタカナだったから良かったのだが、漢字のルビは画数が多くなると読めない。鬱なんてルビが振ってあると気分まで鬱になる、一ミリの鬱ですよ。 虫眼鏡片手に悪戦苦闘、寝っころがって読むわけには行かない。

 それでもお勧めだ。日本語の本だと一時間に100ページ近く読める。英語のペーパーバックだと一時間に10ページのペースだったのが、倍近くになったのはルビのおかげだろう。理解度は10倍以上。

 皆さんも是非お買い求めいただきたい。でないと新しい本が出るどころか、絶版になりそうだ。それに投資としても有利だ。絶版になると中古本の値段が跳ね上がっている。実際アーサー・C. クラーク の「地球幼年期の終わり」が3600円になっている。

重要:講談社インターナショナル社の担当者殿

 フレドリック・ブラウンの「未来世界から来た男」をルビ訳でお願いできないでしょうか、是非ご検討ください。その際、難しい漢字にはルビを振ってもらえると助かるのですけれど。


ブログの人気投票に参加しています。ぜひ、ここをクリックして投票をお願いします。


人気blogランキングにも参加しています。こちらのクリックもよろしくお願いします。
人気blogランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

げ、原文とは……

 どうも、シャロンです。

 わー、大好物のミステリやSFの話やーと、なにげなく読んでたら、すごいレベルの高い話でビックリ!

 あかん、これはコメントなんてでけへん……と思ったのですが、『幼年期の終わり』はおもしろかったし、なによりもフレドリック・ブラウンは大ファンなんです。なので、もう勢いでコメント。

 ブラウン、好きなんですよー。いいなあ。『ミミズ天使』なんて、原文で読める人うらやましくて仕方ないですよー。こんなバカ話(もちろんホメ言葉)考えられるの、ブラウンみたいな天才しかいいませんわ!

 私は英文はほとんど読めませんが、創元から出ていた絶版作品を復刊してくれるとうれしいですね。『スポンサーから一言』とか。

73光年の妖怪

シャロン様、
コメント有難うございます。

私もブラウン大好きです。「73光年の妖怪」など青春の妄想を膨らませながら読んだものです。

どうしてブラウンがメジャーにならないのか不思議でしたけれど、最近少し復刻されているようですね。

実は最近、シャロンさんお勧めだった森奈津子の「西城秀樹のおかげです」を読んで、死ぬほど笑いました。残念ながら、この話題を共有できる友人が少ないので、おもいきり疎外感を味わい、シャロンさんの気持ちが少し分かったものです。

でも、これからはもっとメジャーなものを読もーっと。
プロフィール

kumasan114

Author:kumasan114

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。