スポンサーサイト

     -------- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画、ワイルド・スピード MEGA MAX

     2011-10-26 : 映画、舞台
 シリーズ5作目になるワイルド・スピード MEGA MAXを見にでかけた。

 ワイルド・スピード・シリーズのもともとは、ロサンゼルスのストリートレーサー達の話であったが、本作では舞台をブラジルに移し、アクション映画に仕上げてある。従って独立した話になっていて、前作を見ていなくても全く問題なく楽しむことが出来る。

 勿論、今回も車が大きなファクターを占めているから、車好きも満足できる。特に初代スカイラインGT-Rから現行のGT-R、レクサスLFAまで出てくるから日本人としてはたまらない。

 話は、主人公のドミニクが、元FBIのブライアンの助けによって脱獄するところから始まる。そして逃亡先がリオデジャネイロ。そこでビンテージカーを盗んだのだが、現地の麻薬王を敵に回すことになる。

 そこに脱獄逃亡犯であるドミニクを追ってFBIのルーク・ホブスもリオに現れ、三つ巴の争い。敵の敵は味方という関係も生まれ、テンポよく話は進んでいく。

 脱獄と窃盗。これでは権威に反抗する若者たちの物語ではなく、クライム映画になってしまう。最後どうするのだろうと心配しながら見ていたのだが、、、、、その心配無用。アクションにはらはらどきどきしながら、最後はすっきりと映画館を後にすることが出来る。

 それにこの映画は笑いどころが多い。真面目にそれをやるのか、と笑えるところや、ユーモアもある。「そのアクションは無理だろう」と思いながらも、文字通り手に汗を握って笑いこける。好きなタイプの映画だった。

 FBIのホブスを演じているのがドゥエイン・ジョンソン。そう、あのアザーガイズでサミュエル・ジャクソンと一緒に大暴れしていたのが彼だ。こういう役柄にはぴったり。

 女優陣もアザーガイズのエバ・メンデスが出ているのは愛嬌として、リオの婦人警官を演じるエルサ・パタキがとても良い。重要な役柄を与えられているから、続編が作られるとしたらまたお目にかかれるかもしれない。楽しみだ。

 今までのシリーズはB級映画と言えるかも知れないが、本作は立派なアクション映画に仕上がっている。機会があったらご覧になってみてください。お勧めです。

 

日記blogランキングに参加しています。
クリックをよろしくお願いします。
日記@BlogRanking

こちらのクリックもよろしくお願いします。
blogram投票ボタン

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画:ワイルド・スピード MEGA MAX 雪ダルマ式にチューンアップを重ね、遂に面白さも大メジャー級に(笑)

シリーズ最終章。 最初は2流マイナーアクションだったものが、作品ごとにチューンアップ(車だから!)し、ラスト5作目で遂に「大メジャー」に。 しっかし!この まるでハンバーガーのようなタイトルが素晴らしすぎる(笑) 久々の「日本語タイトル」のヒット!だな。...

『ワイルド・スピード MEGA MAX』

□作品オフィシャルサイト 『ワイルド・スピード MEGA MAX』□監督 ジャスティン・リン□キャスト ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ジョーダナ・ブリュースター、ドウェイン・ジョンソン■鑑賞日 9月23日(金)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyaz...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kumasan114

Author:kumasan114

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。