スポンサーサイト

     -------- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カップヌードル・ミュージアム 1

     2011-11-25 : 外出、旅行
 横浜のみなとみらい地区、それも海沿いの一等地に新しい建物が建った。明るい茶色で窓の無いビル、カップヌードル・ミュージアムだ。

11cup10.jpg


 一体何者だろうと、入ってみた。入場料は500円。子供は無料。

 内部はファクトリーと呼ばれる、体験コースが2つある。ひとつはチキンラーメンファクトリー。チキンラーメンを麺を作って揚げるまでを体験できる。

 そしてもうひとつがマイカップヌードルファクトリーで、オリジナルのカップヌードルを作ることが出来る。これがなかなか楽しい。

 まず自販機に300円を入れ、カップを購入。

 広いテーブルスペースでカップをデザイン。

11cup11.jpg


 これが私のオリジナル。

11cup12.jpg


 カップに麺を入れてもらい、スープとトッピングをいれ、


 蓋をして、ラップをかぶせればオリジナルカップヌードルが出来上がる。

11cup15.jpg


 スープが4種類からひとつ、トッピングが12種類から4つ選ぶことが出来るというシステムだから5460通りのオリジナルカップヌードルを作ることが出来ると書いてある。

11cup13.jpg



 さて本当にこんなに組み合わせがあるのだろうか。計算してみよう。

 まず12種類のトッピングから4種類を選ぶのは簡単で、12C4=495。

 12種類のトッピングから3種類を選ぶのは12C3=220だが、その3種類をどういう比率で入れるかを考えなくてはならない。その3種類をa、b、c、とすると

aabc
abbc
abcc

 の3通りあるから12C3x3=660通りになる。つまり海老とコーンとタマゴを選んだ人は、全部で4種類まで入れることが出来るわけだから海老を2倍入れてもらい、海老、海老、コーン、タマゴとすることが出来る。同じように海老、コーン、コーン、タマゴという組み合わせと、海老、コーン、タマゴ、タマゴもあるから3倍することになるのだ。

 次に12種類のトッピングから2種類を選ぶのは12C2=66だが、同じようにその2種類をどういう比率で入れるかを考えなくてはならない。その2種類をa、bとすると

abbb
aabb
aaab

 の3通りになるから12C2x3=198通りになる。

 最後に12種類のトッピングから1種類を選ぶのは考えるまでも無く12通り。12C1=12と考えても良いけれど。

 こうしてトッピングのバラエティは

 12C4+12C3x3+12C2x3+12C1=1365

これにスープを4種類選ぶことが出来るから結局

 1365通りx4=5460通り

 ということなのだろう。しかしこの計算では問題が起こる可能性がある。例えばこんなケース。

 「君ぃ、トッピングはいらないから」と、素うどん愛好協会讃岐支部長。

 「あのー、マニュアルでは4種類選択いただくことになっておりまして」とミュージアムのお嬢さん。

 「いらないといっちょるんだよ」

 「でもー、、、」

 
応用問題: ではここで問題です。具材を必ずしも4種類入れなくても良い場合、組み合わせは何通りになるでしょう。


日記blogランキングに参加しています。
クリックをよろしくお願いします。
日記@BlogRanking

こちらのクリックもよろしくお願いします。
blogram投票ボタン

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kumasan114

Author:kumasan114

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。