スポンサーサイト

     -------- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画、ストリートダンス/TOP OF UK

     2012-01-17 : 映画、舞台
 2012年、最初に見た映画がストリートダンス/Top of UKだ。

 ここ何年か年初に見る映画は、2010年がジュリー&ジュリアだったし2011年が幸せの雨傘と、マイナーな映画ばかりだ。このストリートダンスも1月7日に封切られた映画だが、日本国内での上映館は5館程度というこれまたマイナーな映画だ。

 舞台は英国。ストリートダンス選手権での優勝を目指していたカーリーは、チームリーダーが抜けたあとリーダーとしてチームを引っ張っていくことになった。

 ストリートダンスなのに、練習場としてスタジオが必要というのは皮肉だが、カーリーは練習場所を探してたどり着いたのがクラシックバレーアカデミーのスタジオ。バレーダンサーをストリートダンスのチームに入れることを条件に借りることができた。

 バレーアカデミー側には、今年の卒業生でロイヤル・バレエ団のオーディションに合格する可能性のある生徒がいないという事情があったのだ。ストリートダンサーと接触させることで表現力を高めていこうという作戦だ。

 そんな彼らが反発しながらもだんだんチームとしてまとまっていき、ストリートダンス選手権大会に出場するまでを描いている。

 この映画には人気ブレイクダンサー、ジョージ・サンプソンや、ダンスパフォーマンス集団のDiversityFlawlessなどトップダンサーが多数出演している。彼らのパーフォーマンスが見所である。

 映画とは関係ないが、Diversityの動画。




 そんなわけで、ストリートダンス選手権大会でのパーフォーマンスで、競争相手のほうが輝いて見えたとしたら、超一流のダンサー達が出演しているのだからと納得するべきだろう。

 もし私がストリートダンス選手権大会の審判だったらどのチームを優勝させるかなどと思いながら楽しんだ映画だった。お勧めの映画だ。


日記blogランキングに参加しています。
クリックをよろしくお願いします。
日記@BlogRanking

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kumasan114

Author:kumasan114

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。