スポンサーサイト

     -------- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LinkStation LS-CHLシリーズのHDD交換

     2012-01-24 : 科学、技術
 2009年12月に購入したLink Station WXLシリーズのRaid1の片割れのHDDが故障したと思ったら、2010年6月に購入したLS-CHLシリーズのHDDが壊れた。

 現在5台のLS-CHLが稼動している。こんな頻度で壊れるのならと自分でHDDの装換をしてみることにした。

追記: 2013年9月に最新のファームを使って装換した記事があります。そちらも参考に御覧ください。

1)LS-CHL本体の分解

 まず、底面にあるシールを2つはがします。ドライヤーで温めながらゆっくりはがすときれいにはがれます。シールがはがれると筐体の左右を固定している爪が2箇所見えます。

 次に、画鋲の先を丸くしたものを5個用意します。

12nas30.gif


 筐体上面には3本の爪があります。上面には3箇所の爪を押すために貫通した穴があります。爪楊枝などで押してみると判ります。ここに画鋲を挿入します。この画鋲を押すと爪が外れます。

12nas31.gif


 筐体背面にも爪が3箇所あります。一箇所はファンの排気口から見えます。ここを押すことによって爪が外れます。ファンを取り外すとこの部分の構造が見えると思います。そのほかの2箇所の爪をはずすために小さな穴が開いています。この部分に先を丸めた画鋲を差し込むと爪をはずすことが出来ます。

12nas32.gif


 背面に近いほうの爪からはずしていきます。爪が外れて筐体が少し開いたらその隙間に爪楊枝をはさんで爪がまたかんでしまわない様にします。こうして前面以外の爪は容易に外れます。

 あとは、筐体を左右に軽く開くことで前面の爪が外れます。

2)HDDの取り外し

 基板、HDDは筐体に嵌合しているだけで、そのまま持ち上げることが出来ます。HDDは3本のネジで固定されているので、それをはずし、HDDを取り外します。

3)TFTP Boot Recovery LS-WXLの入手

このLS-CHLはv2と呼ばれる機種で、LS-WXLと同じハードウエア構成になっているので、LS-WXL TFTP Bootを使うことになります。

 USにあるBaffalo用のftpサイトからTFTP Boot Recovery LS-WXL 1.33.exeをダウンロードし、解凍します。

 v2であることはNAS Navigaterで見た時機種名がLS-CH1.0TL-V2と表示されていることで判ります。また、基板上のCPUの捺印がC060になっていることでも判ります。V2の場合TFTP Boot Recovery LS-CHL 1.06.exeでは再インストールできません。

追記:上記FTPサイトが不安定でアクセスできない場合は、コメント欄をご覧ください。ドイツのサーバーからTFTP Boot Recovery 1.53をダウンロードされ、装換された方がいらっしゃいます。これを使った装換の方法を最新のファームを使って装換した記事で紹介しています。


4)ファームウェア アップデーター(Windows) Ver.1.56の入手

 Baffalo社のサイトからファームウェア アップデーター(Windows)、 現時点(2012-01-24)での最新版Ver.1.56をダウンロードし解凍します。

 ls_series-156フォルダー内のLSUpdater.iniをエディターで開きFlagsを下記のように変更します。

[Flags]
VersionCheck = 0
NoFormatting = 0

注:2012年12月時点の最新ファーム1.63でも同様に復旧できたとのレポートをいただいています。最新版のファームウエア・アップデータで試してみてください。

5)HDDの組み込み

 新しいHDDを組み込みます。新品で無い場合はパーティションを削除してから組み込みます。windowsで削除する場合は、USBでPCに接続し、コマンドプロンプトからDISKPARTコマンドを実行します。

>DISKPART
DISKPART> list disk
DISKPART> select disk 1
DISKPART> clean
DISKPART> exit

 パーティション削除が終わったHDDをLS-CHLに組み込みます。

12nas20.gif


6)PCとLinkStationの接続

 PCとLinkStationを直接接続します。これでDHCPサーバーの無い環境を実現しているわけです。PCのIPアドレスを192.168.11.1にしサブネットマスクを255.255.255.0に設定します。

7)firewallをoffにする

8)TFTP Boot.exeの実行
 
 TFTP Boot Recovery LS-WXLフォルダー内のTFTP Boot.exeを実行します。実行ウインドウが開くので、accepting requests..が表示されるまで待ちます。

9)LS-CHLの電源投入

10)FUNCスイッチを押す

 電源投入で上部のLEDが青の点滅を始めます。しばらくすると赤の点滅に変わるので、FUNCスイッチを押すと再びLEDが青の点滅を始め、1分ほどで青の点灯になるので、TFTP Boot.exeのウインドウを閉じます。

12nas21.gif


11)PCのアドレス変更

 PCのアドレスを169.254.10.100に、サブネットマスクを255.255.0.0に変更します。

12)LSUptater.exeの実行

 ls_series-156フォルダー内のLSUptater.exeを実行します。

12nas40.gif

13)ファームウエアの更新

 ファームウエアの更新ボタンを押します。HDDのフォーマットをおこなってもよろしいですかと聞かれるので、はいと答えます。

 1分くらいでフォーマットは終わり、ファームウエアの転送が始まります。

14)アップデートの中止

 LinkStationからの応答が無いというメッセージが表示されるので、待機してよろしいですかにいいえと答えます。

12nas17.gif


 アップデートを中止しますにOKと答えます。

15)PCのIPアドレスの変更

 PCのIPアドレスを192.168.11.1にしサブネットマスクを255.255.255.0に戻します。

16)LS-CHLの電源断

17)TFTP Boot.exeの実行
 
 TFTP Boot Recovery LS-WXLフォルダー内のTFTP Boot.exeを実行する。実行ウインドウが開くので、accepting requests..が表示されるまで待つ。

18)LS-CHLの電源投入

19)FUNCスイッチを押す

 電源投入後上部のLEDの赤色点滅を確認してからFUNCTIONボタンを押します。LEDが青の点滅を始め、しばらくすると橙色の点滅になります。点灯は長く2回、短く5回でファームウエアの更新中を示してます。しばらくすると再起動され、LEDが青の点滅を始め、やがて青の点灯になります。


 これでLinkStationのHDD交換作業は終わりです。


追記: 2013年9月に最新のファームを使って装換した記事があります。そちらも参考に御覧ください。



kuma80.jpg
トップページに移動

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

LS-XHL

nami 様、

LS -XHLをTFTP Boot Recovery 1.53 と fw1.68にて2T化ができたという、貴重な情報有り難うございました。

ファンエラーは他の方からもレポート頂いています。つい忘れがちな場所なのですね。

LS -XHL

HDD故障しここにたどり着きました。
TFTP Boot Recovery 1.53 と fw1.68にてHDD(2T化)交換完了いたしました。
機盤とHDDの裸状態で作業したので
ファンをつけていなかったのでファンエラーが出て失敗かとあせりました。
こちらの丁寧な解説のおかげで無事完了です。

HDD換装結果

toshi様、

貴重な情報ありがとうございました。

TFTP Boot Recovery 1.53とファームウェア アップデーター1.37 1.54 1.65 のいずれでも復旧できたのですね。

2T化は多分出来ると思います。そろそろいっぱいになってきましたので、こちらでも2T化をやろうと思っています。うまく行きましたら、記事を更新しておきます。

HDD換装結果

こんにちは、
同じ機種なので換装に挑戦してみました。
結果 うまくいきました。

TFTPブートはTFTP Boot Recovery 1.53
試したF/W 
1.37 1.54 1.65

どのF/Wでも更新の最後で橙色から再起動、青点滅→赤点滅
用意したHDDでは対応不可なのかなとあきらめかけましたが
結果的には裸の状態で冷却FANを取り付けていない事による冷却FAN
エラーでしたw これはNASNaviを起動して判明しました。
最終的に1.54で起動して最新にアップデートできました。

今回は同じ容量のHDDに換装しましたが2Tでもうまくいくのかな?

最後になりましたが貴重な情報ありがとうございました。

ありがとうございました!

kumasan114様

わざわざ写真付きで解説頂きましてありがとうございました!
お陰様で手順通り先に進むことができました。

が…

一番最後の手順でランプが橙から青点滅になるところまでは行きましたが、
点灯状態にならずに、ずっと点滅したままの状態になってしまいました。
電源をオフにしてしばらくしてからまたオンにしても青点滅は変わらず…

少し情報を自分でも調べつつ、電源を抜いてしばらく放置してまた試してみます。

LinkStation LS-CHL Function Switch

ただきち様、

スイッチは爪楊枝の先くらいのとても小さなものです。

組み立てるときスイッチを押すためのアクリル部品が外に出っ張っていることを確認してから組み立ててみてください。

今日の日付、2013年5月7日のブログに写真付で説明しておきました。ご覧になってみてください。

urlは以下です。
http://kumasan114.blog61.fc2.com/blog-entry-757.html

うまく復旧するといいですね。

No title

LS-CH1.0TL-V2が不調にHDD交換しようとして、調べるうちに辿り着きました。
詳細な記事で参考になり感謝しております。
いざ新品のHDDを入れ替えて手順通り(新品なので5番は飛ばしました)にやってみましたが、10番のファンクションボタンを押して赤点滅から青に変えるところが上手くいきませんでした。
そもそもファンクションボタンのクリアパーツの先には、スイッチらしきものが見当たらず、ケースの溝にはめ込んでも、
ボタンは外側に出てますが、押してもなんの感触もなく途方にくれてます。
この件に関してなにかご意見を頂けますでしょうか?

No title

たあ様

お役に立てて何よりです。LS-XHLを「ななろう」様にコメントいただいた手順で復旧できたと言うことですね。

今後とも有用な情報がありましたらよろしくお願いいたします。

LS XHLで出来た

2週間散々苦労したけど、この情報でFW異常から復活できました。当方LS-XHLですが、FW1.60、recovery1.53の組み合わせでアッサリ完了。ありがとう!

No title

csoo様、

良かったですね。今後とも有用な情報がありましたらよろしくお願いいたします。

No title

kumasan114 様

すみません。サブネットマスクを見落としていました。
14)でサブネットマスクを255.255.0.0に設定したら1発で進行できました。
お騒がせしました;;

おかげさまで無事換装が完了できました。

本当にありがとうございました。

No title

csoo様、

TFTP Boot Recovery 1.53 für LS-CHLV2, LS-XHL, LS-WXL, LS-VL, LS-WVL ab FW 1.40をお使いになったのですね。残念ながら私は使ったことがありませんので、推測をお話します。

 LSUptaterにNASが表示されているのでtftpは正しく動作したと思います。

問題はネットワークアドレスが違うというメッセージですね。DHCPが勝手にIPアドレスを付与すると再現性に問題がおきますので、私の手順ではPCとNASを直結しています。ルーターやhubを通さないで、一本のケーブルで直結します。

こうするとNASはネットワークアドレス169.254.xxx.xxxで通信を始めます。 .xxx.xxxはホストアドレスでNASが生成します。

PCのアドレスが正しく169.254.10.100に設定されていましたでしょうか。また、サブネットマスクをただしく255.255.0.0に設定してありましたか。サブネットマスクは255.255.255.0ではありません。

また、「応答がありませんのエラーが出てしまいます。」とのことですが、私の手順でも(14)で応答なしになります。




LS-CHL HDD換装

はじめまして、LS-CHLを2TBのHDDに
TFTP Boot Recovery 1.53 と fw1.60 を使って換装しましたが
質問がさせていただきたいと思います。

12)で LSUptaterのNASのIPが169.254.222.xxxのように
(後ろの2個がランダム?)表示され、ファームウェアの更新ボタンを押すと
同一ネットワーク上ではないのでできません。みたいなエラーが出て進行しません。

そこでナビゲーター2を起動するとNASのIPを強制的に169.254.10.15に変えて
進行ができますが、しばらくするとまたIPが勝手に変わって
応答がありません。のエラーが出てしまいます。

一応何回か失敗してあきらめてNASを起動したらなぜか1.60にアップデートされて
換装も完了しましたが釈然としないので、質問させていただきます。

よろしくお願いします。

No title

ななろう様、

TFTP Boot Recovery 1.53の入手情報ありがとうございました。

それとTFTP Boot Recovery 1.53 と fw1.60の組み合わせで再インストールできたという情報もとても貴重な情報です。

ありがとうございました。

LS-XHL復活しました。

いろいろな方法をネット上で見つけて試したのですがどれもうまくいかず諦めかけていた3日目でやっと復活出来ました。

TFTP Boot Recovery を使う方法で、一番最後のFUNCスイッチを押した後の再起動で何度しても、赤点滅になり途方に暮れていました所、こちらのコメントに書かれていたTFTP Boot Recovery 1.53 と fw1.60 の組み合わせを知り、早速使用した所、一発で終了しました。

今までの時間は、何だったのかと思うほどです。

ちなみにTFTP Boot Recovery 1.53は、
http://www.nas-hilfe.de/downloadbereich/category/8-tftp-boot-recovery

からのDownloadで、情報ありがとうございました。

とりあえずリンクは、これまでの失敗してたブログで、成功のプログはこれからですが、とりあえずお礼まで。

ありがとうございました。

No title

Lau様、

お役に立てて喜んでいます。

HDDの価格もようやく安定してきましたね。

無事に交換できました

ディスクリードエラーが頻発し、必要なデータバックアップ後フォーマットをかけた所、
お亡くなりになってしまいました。
高速モデルを購入も検討していましたが、
色々と調べた所、こちらのサイト情報にたどり着き、
自分の用途ではLS-CHLの読み書き速度でも問題ないのと節約と遊びも兼ねて、
HDD交換をしてみました。

記載されている通り実施した所、問題なくHDD交換ができ起動できました。
使用したHDDは「WD10EZEX(1TB)」で電車賃を含め6,500円程度済みました済みました。
本当に、ありがとうございます!

No title

ハナ原人様、

お役に立てて喜んでいます。

手順どおりで回復した、と言うのもとても大切な情報です。ありがとうございました。

No title

勤務先のNASが不良セクタだらけになり困っているところ,こちらにたどりつきました。
正月休みに新しいHDDの載せ替えに成功することができ,ありがたく思っております。すべて手順通りでした。
ありがとうございました。

No title

usagi 様、

そうですか、残念ですね。

ステップ1=>2=>3までは進むのですからCPUは動作しているようで、おっしゃるようにNIC周りに問題があるのかもしれません。

TFTP Boot.exeのウインドウが、accepting requests..が表示されたままで、clientとの通信結果が表示されていないのでしたら、通信系のハードウエア障害というのが一番確率だ高そうですね。

私も玄箱2台、linkstationを7台、I-O dataのLan Diskを1台使っていますが、今までHDD障害が2件のみで、その他のハード障害はありません。雷が近づいたときはシャットダウンし、ケーブルを抜いたりしていますが、とても面倒で、どうにかならないものかと思っています。




有難うございます。

kumqsan114 様

お世話になります。
助言有難うございます、正月休みに何とかならないかとチャレンジしていましたがきっと基盤が駄目みたいです。
ステップ1=>2=>3までは進むのですが4の青の点灯にならないもので悩んでいました。
取り外したHDDを確認すると、通電後も回転しないので、同等品の基盤を入れ替えるとHDDが認識しはじめ、KNOPPIXで一部読み込み可能でした。
これだけのダメージはNASにも影響していると思います。
きっとバッファローの基盤のNICが駄目になったのではと自分に言い聞かせています。
雷の影響でしょうか、他の2台は正常に作動していっるのに残念です。
ちなみに玄箱、I・0が4年間頑張っています。
有難うございました。

No title

usagi 様、

1.電源投入で上部のLEDが青の点滅を始めます。

2.しばらくすると赤の点滅に変わります。

3.FUNCスイッチを押すと再びLEDが青の点滅を始めます。

4.、1分ほどで青の点灯になります。

5.TFTP Boot.exeのウインドウが画面どおりの表示になっているか確認してください。

以上の手順の中で、どの時点でうまくいかないか、お分かりになるでしょうか?

たとえば2.の「しばらくすると赤の点滅に変わります。」はOKだが、3.のファンクションスイッチを押しても青の点滅を始めないなどの情報です。

ファンクションスイッチのボタンを押すためのプラスチック部品は正しくセットできていますでしょうか。



教えて下さい

はじめまして、LS-CH500Lが壊れ、こちらにたどり着きました。
何とかHDDの換装を試みるも、EMモードに入れず困ってます。
TFTPを実行し、LS-CHLの電源投入するも、青(点滅)=>赤(点滅)=>青(点灯)に変わりません。
基盤の通信ポートがだめなのでしょうか?
TFTPはLS-WXL1.33を使用。
LS-CHLのCPUはC060を確認しています。
宜しくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

とんかつBOY様、

お役に立ててとても喜んでいます。

ファームウエアアップデータは最新版で大丈夫だったと言うコメントもいただいています。その旨を記事にも注記しておきました。もしもう一度作業することがありましたら最新版をお使いになると、一手間省けると思います。

ありがとうございました

kumasan114様

はじめまして
先日工場出荷状態に戻そうとしたところE6エラーが出て
お釈迦になったと諦めていたところ、こちらを拝見し、無事復旧いたしました。
FW1.56が手に入らなかったのでネットで探っていたところ英語版??を発見し
導入することが出来ました。

本当にありがとうございました!

No title

khikokun様

情報ありがとうございました。

残念ながら私の環境ではftp://24.153.165.234の下にはarray1しか見えないようです。

No title

kumasan114様
今回お世話になったのはLS-WSX1.0TL/R1
でして、RAID0で使っておりました。
作業はSTEP 8)のとおりでTFTP Boot.exeを使用いたしました。
ただUSのFTPサイトはこちらになっておりました。
ftp://24.153.165.234/mnt/array1/share/

No title

khikokun様、

フォーマットしたLS-WSXLの復旧おめでとうございます。最新ファームでもOKという情報大変参考になります。ありがとうございました。

LS-WSXLはRAID1でお使いだったのでしょうか?そして作業はtftbootからやられたのでしょうか。それともLSUptater.exeからでしょうか。他の方への貴重な情報になりますので、もし覚えていらっしゃいましたら、教えてあげてください。

貴重な情報ありがとうございます。

初めまして
先日LS-WSXLを間違ってフォーマットしてしまいまして
途方に暮れていたところこちらのブログを拝見し、早速試したところ
最新ファーム1.63を使用しすべて無事復旧いたしました。
管理人様のだだならぬ技術に感動しております。
本当にたすかりました。
ありがとうございます。

LS-XHLのHDD交換

コメントありがとうございます。LS-XHLのHDD交換に

TFTP Boot Recovery LS-XHL 1.53.exe

をお使いになったのでしょうか。

 もしよろしければ入手方法も教えていただけますと同じ機種をお持ちの方の助けになると思います。

それに、ファームウェア アップデーターは1.6をお使いになったのですね。

貴重な情報ありがとうございました。

ありがとうございます

当方、LS-XHLなのですが、TFTP Boot Recovery 1.53、FW1.6を用いて
無事HDDを換装する事ができました。

厚くお礼申し上げます。

No title

紅蓮様、

うまくいったようですね。おめでとうございます。

それに1.60で問題なっかたということで、貴重な情報ありがとうございます。手順が異なった部分があったり、気になった部分がありましたら是非レポートください。

今後ともよろしくおねがいいたします。

LS-CHLを使っています。2

どうやら、LS-CHL製品についていたHDDが壊れていたようです。

PC側でフォーマットをかけることが出来る上に、データを保存することが出来たので使えるかな?と思い作業に入ったのですが、PC側でDISKPARTでのクリアとフォーマットを繰り返して行って作業をしているとPC側のBIOSを飛ばされました;

新しいHDDを約6000円で購入し、同手順で作業したところ、普通に一発で行けました。
ちなみに、ファームは1.60で行いました。

なんとか正常に復旧させることが出来たので、お礼申しあげます。

ありがとうございました。

LS-WXL HDD交換復旧

LS-WXL HDD交換復旧の情報ありがとうございました。

手順14では1200秒、つまり20分も待ってメッセージが出てきましたので、たしかにCTRL+ALT+DELで強制終了のほうが簡単でよいのかもしれません。

また、1.60への書き換えでも同じ手順で問題なかったのですね。Ver.1.60でうまくいかないという情報をいただいていましたので心配していました。貴重な情報ありがとうございました。

LS-WXL HDD交換復旧

初めまして
貴重な情報ありがとうございました。知り合いから依頼を受けてた物だったのですが、一時はあきらめていました。
raid0で使用していたLS-WXLでHDD2が故障して、さらにE06エラーでブート不能
ここに書いてあった手順で1.60へ書き換えして復旧出来ました、ありがとうございます。手順14の所だけ若干違いましたが、LS-WXLが再起動したのを確認後(メッセージが出ないためCTRL+ALT+DELで強制終了程度の差です。
HDDも1TBのものから2TBの物に2つとも交換して無事動いております。
本当にありがとうございます。

s-series-156.exe

紅蓮様

手元にダウンロードしたls-series-156.exeがありますのでメールでお送りすることができます。必要でしたらアドレスをご連絡ください。

LS-CHLを使っています。

ファームウェア アップデーターVer.1.56の入手とあるんですが、最新ファームウェアがVer.1.60で、1.56を探してみても見つからない状況です。

Ver.1.60をDLして同じ手順で進めて行っても、13)までは行けるのですがそれ以降ができません。

貴重な情報ありがとうございます

LS-WXLのHDDの交換時、tftp bootが必要ないという本当に貴重な情報ありがとうございました。近い将来容量アップ時に参考にさせていただきます。

今回の作業、インターネット上の情報を利用しましたが、断片的なものも多く、再現性があることを目標として作業しました。実際、装換に成功してからさらに2回DISKPARTから作業を繰り替えし作業手順の正確性を確認しました。お役に立てて本当にうれしく思っています。

ただ1点私の作業でlinkstationからの応答を受信できないことが気になっています。PCのアドレスを169.254.10.100にしていますが、10.100が違っているのかもしれないと思っています。実機は運用にはいってしまったのですぐには出来ませんが、この次はパケットをキャプチャーしてどこに応答を返しているのか調べてみようと思っています。

有難うございます。

kumasan114さん、
こちらのブログの膨大な履歴、とても頼りにさせていただいております。
先日の書き込み、言葉足らずだったので少し補足させていただきます。

当方のLS-WXL、別の1スピンドル&高速タイプのLinkStationのバックアップ
用途だったため、disk障害時のデータロストは基本影響が無いため、
LSシリーズの挙動の勉強がてら障害時の復旧方法を試していたところ
の障害発生(f/w + パーティション破壊)でした。

今回のEMモードからの復旧作業では、
1) LS-WXL本体を開ける
2) HDDを抜く
3) TFTP Boot Recovery LS-WXLの入手 (使いませんでした)
4) ファームウェア アップデーターVer.1.56の入手、iniファイルの編集
5) HDDにDisk1のみ組み込む (SATA-USB変換でWinPCに接続、初期化 (DISKPART)後)

※ 6) から 10)のTFTP boot関連操作はスキップ(未実施)

11) PCの静的アドレスを変更 (169.254.10.100/255.255.0.0)
12) LSUptater.exeの実行 4)で編集済みの1.56のf/wから実行。
13) ファームウェアの更新→ 成功。
PCとLinkStationをLAN環境に戻し、復旧を確認。
  
  →disk1のみでの復旧を確認してからdisk2も 5)の操作で初期化後、
WXLへ組み込み。
   WebインターフェースでDisk2のフォーマット/RAID再構築を実施、
    完全復旧。

※ 14)から 以降は全て省略。

の段取りでした。直接接続する際のセグメントは192.168.11.1/255.255.255.0
だけだと思っていたのが盲点でした。確かにEMモードで接続すると、169の
セグメントが表示されていたので、192とどのように使い分けるのか混乱し
ていたところに、こちらで明確な手順が示されていて、本当に助かりました。




情報ありがとうございました

LS-WXLユーザ様

貴重な情報ありがとうございました。

私のLS-WXLはRAID1で使っていましたが、DISK1にエラーが発生し、このときはバルク品のHDDを挿入するだけで再構成できました。

今後ともよろしくお願いいたします。

Thanks

はじめまして。先日2TBのLS-WXLのRAID再構築をしようと、RAID1からRAID0にWebインターフェースで操作したところ、途中でハングのような状態となりました。
EMモードになったので、PCを直接接続し、F/Wの再インストールを試みるも、
中途半端にパーティションが残っているようで失敗、途方に暮れておりました。

そんな状況の中、タイムリーにこちら情報を知り、無事にHDDの再構築に成功しました。ありがとうございました。

当方の場合、TFTP bootの操作は不要で、4)からの操作で復旧できました。
今後、HDDを1TB x 2本から2TB x 2本にする完全入替えする際も
こちらの手順が使えるので助かります。

今後ともよろしくお願いします。
プロフィール

kumasan114

Author:kumasan114

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。