スポンサーサイト

     -------- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画、ダーク・シャドウ

     2012-05-20 : 映画、舞台
 ティム・バートンとジョニー・デップの新作ということで、最近散々テレビでCMを流していたダーク・シャドウズを公開初日に見にでかけた。

 横浜桜木町駅前にあるブルク13。初日とあって400席の一番大きいシアターが割り当てられていたが、あれっ、観客は100人足らず。

 話は、200年前に魔女によってバンパイヤにされ、恋人を殺され、その上棺おけに閉じ込められていたバーバナス・コリンズの物語。その彼が1970年代によみがえり、今や落ちぶれてしまったコリンズ家を再興しようとしようとする。

 設定を70年代にしたことにより、懐かしい場面や音楽が流れる。パーシーフェイス楽団の夏の日の恋から始まって、エルトンジョンのクロコダイルロック。カーペンターズも出てきてギャグに使われ、今やおじいちゃんになったアリス・クーパーが出演したりしていて楽しめる。

 ジャンルとしてはゴシック・ホラーらしいが、ティム・バートンとジョニー・デップだからコミックを期待して見に行ったら、やはり200年ぶりに蘇ったバーバナスの今浦島ぶりを楽しむ作りになっていた。

 これには原作があって、60年代のテレビシリーズだという。原作へのオマージュとして製作されたのであろう、舞踏会のシーンでは原作の出演者達が出ているとのことだが、残念ながらテレビで見ていないので、唐突に挿入された場面としか思えないのが残念。

 一番残念なのは、せっかくミシェル・ファイファーやクロエ・モレッツなど豪華メンバーを使いながら登場人物たちに魅力が無いこと。それに魔女とバンパイヤの戦いという設定のため何でもありの状況になってしまい、ストーリーが無いという状況におちいってしまったのではないかと思っている。

 映像はきれいなので気軽に見る映画であろう。

日記blogランキングに参加しています。
クリックをよろしくお願いします。
日記@BlogRanking

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kumasan114

Author:kumasan114

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。