スポンサーサイト

     -------- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北紅葉の旅(5)加茂水族館、風間家

     2012-10-09 : 外出、旅行
 のんびり朝食をとってお腹いっぱいになって、宿に勧められた加茂水族館に向かう。ここはくらげの展示で有名らしい。

 いざ加茂水族館に着いてみると、その規模の小ささにびっくり。一瞬見るのをやめようかとも思ったが、せっかくきたのだからと入ってみて大正解。

12tohoku52.jpg


 建物がこじんまりしているので、展示スペースは密度が濃い。ガラスもきれいに磨かれていて、照明や展示に工夫がされているので、とにかくきれいだし見やすい。

12tohoku54.jpg



 くらげといえば地元神奈川県にある江ノ島水族館でも売りにしているが、こちらのほうが充実しているように感じる。

12tohoku51.jpg


 水族館だからアシカのショーもやっている。今回はアシカとアザラシの違いという出し物。アシカには耳があるというのは絵で。そして歩き方が違うというのだが、アシカにアザラシの歩き方のまねをさせて説明。会場爆笑となる。

12tohoku53.jpg


 また、ショーの後アザラシに触ることもできる。この日もどこぞの旦さんが幸せそうにアザラシタッチ。


12tohoku61.jpg



 この古くて小さい加茂水族館は近年お客が激減し、閉館の危機に直面したが、10年位前にクラゲの展示を始めたところ、急に人気を取り戻したらしい。クラゲの種類では世界一の水族館とギネスに認定されている。

 おかげでたくさん儲かったのか、この水族館を建て替える計画が進んでいるようだ。間延びした、格好だけつけたような施設にならないことを祈るばかりだ。


 男鹿半島のGAOといい日本海側には良い水族館が多い。あっという間に時間がたち、結局9時半から11時まで1時間半も加茂水族館にいたことになる。

 水族館で予定をオーバーしたので、鶴岡の観光は致道博物館と、

12tohoku63.jpg

 
 旧風間家住宅 「丙申堂」でタイムアップ。

12tohoku64.jpg


 この江戸時代の豪商の館、丙申堂ではボランティアの方に30分ほど説明を聞いたが、極力派手さを避け、見えないところに贅沢をしているとのこと。確かに柱の木目をみても、一本の木の中心部分だけを使っていることが見て取れる。

 丙申堂の受付で教えてもらったやぶそばで昼食を取り、今年の4泊5日の東北旅行が終わった。


日記blogランキングに参加しています。
クリックをよろしくお願いします。
日記@BlogRanking

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kumasan114

Author:kumasan114

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。