スポンサーサイト

     -------- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画、スカイフォール

     2012-12-03 : 映画、舞台
 ジェームス・ボンド映画化50周年だそうだ。

 スカイフォールは日本では12月1日に公開開始。1日は映画の日で、誰でも1千円で見ることができる。私にとっては映画館がとんでもなく混雑する、あまりありがたくない日だが、インターネットで予約してから出かけた。

12skyfall.jpg



 最近のこの類の映画は、プロローグがやけに長い。いきなり活劇が始まり10分もしてからタイトルが流れ始める。プロローグは映画の背景や伏線を説明する重要な役割があるからじっくり見たいし、できたら2回見られると良いなと思っていたら、、、、

 いきなり字幕が出なくなった。

 私はといえば、字幕脳から自動的に英語脳に切り替わったようで、字幕が出なくなったのに気がついたのは連れに「字幕出てない」と言われてからだった。字幕などなくても問題ないが、なんだかぜんぜん話がわからないなあとは感じていた。

 周りの観客がざわつき始め、しばらくしたら映画が中断され館内の照明がつけられた。昔はフイルムが切れたりするのは当たり前だったが、DLPの時代、こんなのは久しぶりだ。

 照明がついて15分くらいして上映が再開した。もう一度最初からである。そんなわけでプロローグを2回見ることができた。

 ストーリーについてはあまり話すことはない。昔の007シリーズのテイストに戻っていて、心地はよい。タキシードでカジノへ行くなど、今までの作品へのオマージュのようなシーンも多く、懐かしいとともに、ストーリーに無理がかかっているような気もする。

 十分楽しめる映画だが、スパイ映画ではなくなっている。「ロシアから愛をこめて」のようにこのスカイフォールが50年後に語られているかと言うと、疑問だと思う。

 結局予定より30分遅れて劇場を後にしたのだが、出口で無料鑑賞券を配っていた。

12skyfall2.jpg


 1000円のサービスデイで映画を見せていただいて、1800円相当の券をいただいたのだから、収穫の多い一日だった。



日記blogランキングに参加しています。
クリックをよろしくお願いします。
日記@BlogRanking

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kumasan114

Author:kumasan114

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。