LinkStation LS-L320GLデータ救出

     2012-12-21 : 科学、技術
 友人宅のLinkStation LS-L320GLが立ち上がらなくなった。

 バックアップを取っておいたほうがいい、などと話していた矢先のことだ。当然バックアップはとっていない。このリンクステーションは写真のファイルサーバーとして使っていて、大切な思い出の宝石箱。よろしい、なんとか復旧してみましょう。

1.Linuxの用意

 LinkStationのOSはLinuxベースということで、ファイルシステムはXFS。したがってマイクロソフトのWindows OSでは読み書きができない。

 残念ながら我が家にはLinux OSのPCは無い。そこでCDブートのできるLinuxを試してみることにした。CDブートのできるLinuxとは文字通りCDだけで立ち上がるOSでHDDにインストールする必要も無い。

 まず、CDブートのできるLinuxとして代表的なKnoppixを試してみる。Knoppixのサイトからダウンロードし、CDに書き込み、Dell Dimension3000のCDトレイに乗せ電源オン。ところが残念ながら立ち上がらない。

 おなじDell社のStudio15で試してみると、立ち上がるものの2~3分でブルースクリーンになってしまう。CPUの温度が上がりすぎた時の症状のようだ。

 と言うことで次にUbuntu Linuxを試してみることにする。近所の本屋に出向き、立ち読みした結果、秀和システムの「Ubuntu Linux 入門キット」2600円を購入してきた。

 付録のCDをDell Dimension3000のCDトレイに乗せ、電源オンで問題なくLinuxが立ち上がった。これでツールは準備できた。

2.LinkStation LS-L320GLの分解

 LS-LGLの分解は非常に簡単。2分もかからずHDDを取り出すことができる。

 


3.HDDをPCに接続。

12lslg02.jpg


 LS-L320GLから取り外したHDDをNOVAC社のつなが~るKIT USB lightでPCに接続する。

4.データの転送。

 Ubuntu画面上でフォルダーのアイコンをダブルクリックしホームフォルダーを表示し、USBで接続されたLS-L320GLから取り外したHDDの内容をPC内部のHDDにドラッグアンドドロップすればデータの転送ができる。

12lslg03.jpg


 Linuxさえあればデータの救出は簡単だが、このリンクステーションの修理はてこずることになった。



kuma80.jpg
トップページに移動

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kumasan114

Author:kumasan114

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード