スポンサーサイト

     -------- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夕焼け、一番星、天の川

     2007-01-23 : エッセー

 プラネタリウムが好きである。今はなくなってしまったけれど、一時期、渋谷の五島プラネタリウムには毎週のように通った。もちろん宇宙への憧れもあるけれど、それよりも、プラネタリウムってきれいなものだなーという感動のほうが大きかったのです。

 ドームを見上げながら、ふっくらとしたリクライニングシートに寝そべると、ショーの始まりです。あたりがだんだん暗くなり西の空が赤くなり始めます。地平線には建物のシルエットが浮き上がり、空は深い青色に沈んでいきます。一番星が見えたかと思うとすぐに満天の星空になります。

 夕焼けや星空だったら自然のほうが何倍も美しいだろうと言うのは少し違うのです。自然と芸術の違い、写実的な絵画と抽象的な絵画の違いのようなものです。もちろん自然は美しい。しかし自然から人間が美しいと感じる要素を抽出し、それを誇張したのが芸術です。芸術は自然の与える感動よりより大きい感動を与えることを意図しているのです。

 プラネタリウムはまさに演出された芸術です。鳥肌が立ったりします。星座の説明が遠くのほうから聞こえてきます。オリオン座が高く昇ってきました、ドームの中は今、真夜中です。体内時計のスイッチが入ってしまいました、まぶたが重くなってきます。いびきをかいたら、ごめんなさいね、、、、、ZZZ


ブログの人気投票に参加しています。ぜひ、ここをクリックして投票をお願いします。


人気blogランキングにも参加しています。こちらのクリックもよろしくお願いします。
人気blogランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kumasan114

Author:kumasan114

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。