スポンサーサイト

     -------- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガイガーカウンター購入、濃縮放射性物質によるホットスポット発見

     2013-06-11 : 科学、技術
 今頃か、といわれるかもしれないが、ガイガーカウンターを購入した。

 アドテックが発売しているAing-327だ。

 ガイガーカウンターは放射線を測定するもので、原発事故後なかなか入手が難しく、高価だった。それが二千円台で購入できると言うブログを見つけ、すぐに購入した。

 さて、屋根に降り積もった放射性物質が雨で流され、雨どいを伝わり、地面に流されるとする。ここで屋根の面積が24平方メートルで、地面に流された雨水が1平方メートルの範囲の地面にしみて行くとする。この場合、この地面の部分では最大で24倍に放射性物質が濃縮されるはずだ。測定してみよう。

 さて、比較ポイントとして雨のあまり当たらないこの木の根元で測定。

13gaiger01.jpg


 雨どいの水の流れてくる場所で測定。

13gaiger.jpg


 さすがに24倍にはならないが、3倍ほどの放射線濃度になっている。明らかに濃縮され、ホットスポットを形成しているようだ。

 さて、このガイガーカウンターを購入した本当の理由だが、先のブログで簡単に改造できることを知ったからだ。

 プロセッサは44pinのPIC18LF4550。基盤の端にはPICkitを接続できるICSP端子用スルーホールがある。

13gaiger02.jpg


 乾電池で動作する、携帯性の良い、グラフィックディスプレイを備えた情報装置を3000円前後という安価に、そして簡単に自作できるプラットホームとして、非常に使い勝手の良い機器だと思う。

 ただ、当分はガイガーカウンターとして遊んでみようとは思っている。


kuma80.jpg
トップページに移動
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kumasan114

Author:kumasan114

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。