スポンサーサイト

     -------- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊の右手

     2006-11-06 : エッセー

 合理的であろうと無かろうとルールを作ると人はそれを守ろうとする。合理的でないほどより守ろうとする傾向がある。もともと合理性がないので検証不可能であるからである。これをすると幸せになります、などというのが一番いい。規則に従っていれば何も考えなくて良いから楽だということ。

 今年は一の酉が休日。久しぶりに昼間からおとりさま、浅草の鷲神社へ行ってきた。賽銭箱にたどり着くまでに1時間かかったのは最近では新記録である。帰りに杉田でとんかつを食べて帰ってきたが、そこの親父さんが言うには、昔は田原町から鷲神社までずーっと人並みが途絶えなかったそうだ。

 減ったとはいえ、まだこれだけの集客能力があるのは驚異である。熊手は神様からいただくことになる。神様が右手で渡すので、左肩に担ぐのがお作法らしい。東洋の神秘主義が珍しいのか、何とかファイナンスの外国人が熊手を買っていく。一寸立ち話をする。「これは貴社に富をもたらすや?」「ウーム、我に幸福をもたらす」優等生でした。

 去年の熊手をお返しして、今年も700円の熊手を買ってきた。肩に担ぐ大きさは無い。ご利益を信じているか、ですか?「うーん、お祭りが好きなので」劣等生の答えである。ひときわ目立つ場所に石原慎太郎以下ファミリーのお買い上げ熊手が飾ってある。濡れ手の粟を熊手でかき集めることはやめてくださいね。

コメントの投稿

非公開コメント

お元気そうですね

よし田のおばあちゃん、お元気そうですね。去年は元気が無かったので心配してたんですが。
プロフィール

kumasan114

Author:kumasan114

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。