スポンサーサイト

     -------- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レオ・レオニ 絵本のしごと

     2013-08-01 : 展覧会
 渋谷の文化村ミュージアムで開かれている絵本作家の「レオ・レオニ、絵本の仕事」展を見てきた。

13leo04.jpg


 小さな子供たちへのプレゼントによく絵本を買いに行くが、一番目に付くところにおいてあるのが「いもとようこ」と、このレオ・レオニだ。

 レオ・レオニの特徴は、絵のいちまい一枚がグラフィックデザインとして完結していることだろうか。それに対し先にあげた「いもとようこ」のやさしく丸くてふわふわの絵は好きだが、文章と一緒になって作品が完成している。

13leo05.jpg


 この「いもとようこ」の「かあさんのこもりうた」はオーストラリアに引っ越したルナちゃんに送ってあげたお誕生日プレゼントだ。

 レオ・レオニの作品は原画一枚を文章なしで額縁に入れたとしても鑑賞にたえるのだ。そういうわけでこの展覧会が成立しているのだろう、金曜日の午後だと言うのに大勢の観客がいた。

13leo02.jpg


 またレオ・レオニはコラージュ、油彩、クレヨンやゴム判など、いろいろの手法を使っている。主題にあわせた手法を使っているとのことだが、私は、はっきりとした輪郭の出るコラージュの作品が好きだ。

13leo01.jpg


 この「アレクサンダとぜんまいねずみ」は絵も話もお気に入り。

13leo03.jpg


 どのくらい気に入ったかと言うと、缶バッジを買ったくらい。

 終戦後の絵本など夢物語の時代に育った私としては体験できなかったが、幼児のまっさらな脳細胞によりしみこんでいくのは、いったいレオ・レオニなのだろうか、「いもとようこ」なのだろうか、興味のあるところである。



レオ・レオニ 絵本のしごとは渋谷の文化村ミュージアムで8月4日まで。

kuma80.jpg
トップページに移動

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kumasan114

Author:kumasan114

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。