スポンサーサイト

     -------- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ララミー牧場からNCISまで

     2014-05-26 : エッセー
 日本のテレビが何時頃から面白くなくなったのかはっきりはしないが、そういえば思い当たることはある。

 この50年も毎冬スキー場に通った。朝、リフトが動く前にゲレンデに出て、リフトが止まってもエッチラオッチラ斜面を登って滑ったりしていたからグッタリ疲れ、宿に戻って夕食を取るとコタツに入りぼんやりとテレビを見て時間を過ごすのが常であった。

 そのテレビだが、タダでは見せてもらえない。テレビの横に弁当箱のようなものがついていて、これに100円入れないと電源が入らないのだ。断崖から飛び降りる思いで100円投入しても1時間経つとプチンと画面が消えてしまう。1時間100円なのだ。

 聞いた話だが、予め100円玉の大きさの輪を作った針金を用意したり、100円玉にアランアルファで糸を貼り付けたりして、投入口に放り込むと、電源が入りっぱなしになったらしい。それまでしてもテレビを見たかったのだ。

 何年くらい前だろう、この弁当箱がなくなった。サービスの向上を目指したのかもしれないが、ある時点で弁当箱の売上がガタンと落ちたのではないだろうか。1時間100円払うのに値する番組が殆どなくなってしまった結果なのではないかと思う。

 そんなわけでアナログ放送の中止をいい機会に、テレビのない生活を始めようと思っていた。ところが、老人ホームでの楽しみはテレビしか無いらしい。やはり若いうちに、テレビの前でぼんやりと何時間も座っていられる訓練をしなくてはと地デジのテレビを買ったのが運の尽き。最近はテレビをつけっぱなしの生活を送っている。

 何を見ているかというとBSのDlife。これは主に米国のドラマを延々と流しているチャンネルである。ララミー牧場やローハイドを見て育った世代にはぴったり嵌り込めるチャンネルだ。NCISにイリア・クリアキンが出てくるなど、涙なしでは見られない。

14ncis.jpg


 米国のテレビは今でも面白いのだ。もっとも老人ホームでDlifeを見せてもらえるかという問題はあるが、、、


kuma80.jpg
トップページに移動

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kumasan114

Author:kumasan114

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。