スポンサーサイト

     -------- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

科学的態度、原因と結果

     2007-02-05 : エッセー

 スキー場では大体小さなリュックサックを背負って滑ることが多い。カメラと、ペットボトルの水、ゴーグルとサングラスそれにポッキーが入っている。

 ポッキーは車の中でも良く食べる。歯でぷちっとかみ切りながら食べるのが好きなのである。

 ただしこのポッキー、スキー場で食べるにはひとつ問題がある。低温状態になると折れ易くなるようなのだ。滑りつかれてちょっと甘いものが欲しくなったとき、リュックからポッキーを取り出すのだけれど、発掘された化石の肋骨のようにぼろぼろに折れていることが多い。味は変わらないけれどちょっと残念な食感になる。

 冷えないようにエアーパッキング、あのプッチンシートで包んでおくと折れ方はずいぶん少なくなる。確かに低温か、あるいは急激な温度変化が影響しているようだ。

 リフト待ちの間に、仲間にポッキーの箱とペットボトルの水を回してやる。皆の目が、重い荷物を持ってきてくれて有難うといっているように微笑んでいる。

 「ポッキー有難う。でも転んだでしょう?」
 「えっ、コブで何回か板が外れて転んだけど、あの大転倒見た?」
 「うーん、見てないけど、転んだのかなと思って」
 「背中に雪が付いてるとか?」
 「大丈夫、ついてないから」
 「じゃあ、どうして転んだってわかったの?」
 「なんかそんな感じがしたから、、、」

 いつものことながら、女性の直観力には恐れ入る。ちょっとした表情の違いとかで転倒したなと思ったのだろう。明確な事実から結論を導く男の理論とは別の次元の、いわばオカルトのようなものだと思っている。


ブログの人気投票に参加しています。ぜひ、ここをクリックして投票をお願いします。


人気blogランキングにも参加しています。こちらのクリックもよろしくお願いします。
人気blogランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kumasan114

Author:kumasan114

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。