スポンサーサイト

     -------- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数独とフリクションボールペン

     2014-09-14 : エッセー
 最近ハマっているもの、、、数独とフリクションボールペン。

 日本発祥の数独は数字を使ったパズルで、英国のタイムス紙が連載するようになってから世界的に大ブームになった。10年位前には毎週タイムスのホームページにアクセスし問題を印刷して遊んでいた。

 だんだん慣れてくると簡単に解けるようになってきて、飽きてしまったのだが、最近本屋で見かけた超難問。

14sudoku01.jpg


 この俺様に挑戦しているのか、と思わず買ってしまった。

 第一問は2日がかりで、闘志がムラムラと湧いてくる。

 数独をやるときは鉛筆と消しゴムが必需品なのだが、B程度の濃さの鉛筆では老眼の目には苦しい。くっきり書けるボールペンが良いのだが、消せないし。と思っていたら、消せるボールペンがあるというではないか。

14sudoku02.jpg


 パイロット社のフリクションボールペン。

 おしりに付いている樹脂でこすって熱を与えると消えてしまうという原理らしいが、これが便利。くっきり見えて簡単に消すことができる。おまけに2色使い分けることができるのでとても考えやすいのだ。

 数独を解いていて一番ショックなのが終盤に来て矛盾を発見すること。どの順番で解いてきたかなど覚えているはずもないので、間違った時点まで戻ってやり直しなどできるわけがない。全部消して最初から始めるのが一番手っ取り早いのだ。

 上の写真の青い四角いものが広い面積を消すための消しゴム。しかし熱で消えるのなら、、、 ドライヤーでも良いはずだ。




 見事消えてくれる。

 隣のページも裏のページも綺麗さっぱり消してくれるのが難点だが、世の中便利になったものだ。


kuma80.jpg
トップページに移動

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kumasan114

Author:kumasan114

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。