スポンサーサイト

     -------- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画のカットの問題

     2007-02-10 : 映画、舞台

 「映画は映画館で見たほうがいい。だってテレビで見ると映画の横長の画面の両サイドがちょん切られてるじゃないか」といい続けてきたが、どうもちょっと違うらしい。

 映画は横長のフイルムで撮影し、テレビで放送するときは横をちょん切ってると思うじゃないですか、普通。

 ところが最近は普通のフィルムで撮影し、その上下をカットして劇場用のフィルムを作るらしい。だから映画館で見るよりテレビで見るほうが画面の上下が余分に見えることになる。

 映画のテレビ放送で画面の上にマイクが映ってたり、セットの上部が切れているのが映ったりすることがあるのはこういう理由だそうだ。そんなメーキングビデオのようなものは見たくないとも思うが、それはそれで面白そうだ。間違い探しに病み付きになる可能性はある。

 それじゃあ映画なんかテレビの放送で見れば十分かというと、しつこいようだがそうではないと思う。

 テレビで放送するときの問題は2点。まずコマーシャルのためぶつぶつにきられてしまうこと。まあこれはコーヒーを入れたりトイレに行ったりできるから許せるとする。

 問題なのは放送時間に合わせるためにシーンをカットしてしまうことが多いということだ。映画は大体2時間ぐらいだからどうしても放送時間内に収まらないのだろう。

 「ファムファタール」をテレビでやっていた。ところが、リリーを空港まで送るトラックの運転手とのエピソードがばっさりと削られている。

 これでは最後にヴェロニカの命を救ったのが、ロールに命を助けられたリリーの愛娘の形見のガラス球ペンダントだった、ということがわからないはずだ。重要なエピソードをカットしてしまったのである。

 なぜこんなことをするのか。きっと確信犯だろう。重要なシーンと判っていてカットしているとしか思えない。インターネットで話題になりDVDが売れることを期待しているのだろうか、、、

 テレビで見た上にDVDでも観なくてはならないでは時間がもったいない。そんなわけで映画は映画館で見るに限るとお勧めするわけである。

Photo : Femme Fatale

ブログの人気投票に参加しています。ぜひ、ここをクリックして投票をお願いします。


人気blogランキングにも参加しています。こちらのクリックもよろしくお願いします。
人気blogランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

ファムファタールに興味をもちました

なぜだか、紹介されているファムファタールに
興味をもちました。(笑)

ただ、CMの入らないTVならどうなのかという
興味も持ち合わせてしまいました。

そこのところ、どうなんんでしょうね。

ファムファタールお勧めです

はみんとん様

コメント有難うございます。

おっしゃるとおり、ノーカットだとテレビのほうが面白いかもしれませんね。ただ最近、テレビでは字幕は少ないですね、ショーンコネリーとかキムベイシンガーなんかは本人の声で聞きたいほうです。

ファムファタールは好きな映画のひとつです。しゃべりたくてむずむずしますけれど、まだご覧になっていないようなので我慢します。二度ぐらい見ないと良くわからないかもしれませんのでDVDでご覧になるといいと思います。いわゆる禁じ手を使っているともいえますけれどそれを正当化できるような仕掛けをしてある、、、、、もー、しゃべってしまいそうです。

プロフィール

kumasan114

Author:kumasan114

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。